スポンサーサイト

-----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押し目・戻りを狙う

2010-09-18-00:32
あいさんからの質問
どうもありがとうございます。

どうでもいい話ですが、「あい」って名前の方多いですよね^^
私は aiko (カブトムシの)好きです。いや、ほんとどうでもいいよねw


昼豚さんは以前ブログに、始めのころはなるべく高い確率で勝てる
ような押し目買い・戻り売りでエントリーされていたというような事を
書かれていたと思うのですが、押し目買いや戻り売りで勝つコツなどあるのでしょうか?

私も表示している時間足は5分足で利小狙いなので、「自信持ってエントリー出来るとこだけを狙う!」と考えて自分がマイナスを出しやすいエントリーを省いていくとやはり押し目買い・戻り売りだなと思い今は押し目買い戻り売りの練習をしております。

・・・がトレンド発生から一旦移動平均線まで戻ってきて、それから押し目買いの形になって慎重に直近高値・安値を超えてきたのを確認してエントリーするとそこから反転してエントリーした方向とは逆の方に行ってしまう・・・ということがよくあります。

エントリーするタイミングが遅いのか、それとも直近高値・安値を数pips超えても反転するということは元々エントリーすべき場所では無かったという事なのか悩んでいます。

昼豚さんが押し目買い・戻り売りをされるときのコツや「こんな形にならないとエントリーしない」と決めてらっしゃることはあられるのでしょうか?



初めの頃がいつのことを指しているのか分からないですけど
私がトレードを始めた当初は、
押し目・戻り狙いのトレンドフォローじゃなかったですよ。

というか、逆張り・順張りって区別も狙い方も何も分かってなかっただけなんですけどw

初期は、安易な値ごろ感での逆張りが多かったと思います。

小幅なレンジで細かく抜いていくのが得意だと思っていたので
逆張り発想で値動き見ちゃうのがが基本になってましたね。

しかし、月の手取り100万円を達成するには?と計画表作ってみて
1日30pips取ればいいんじゃないか、と分かってからは

ほぼ確実、安全に1日20~30pips取るにはどこを狙えばいいか?
だけを考えるようになったので、

押し目・戻りを狙うのが、一番その目的にフィットしている
と思うようになり、現在に至ります。

なので、自分が負けるところを除いていったら、
押し目・戻りを狙うのが残った わけではないです。

また、押し目・戻りを狙うのが勝ちやすいですよ、と勧めているわけでもないです。

私の目的に合うのが押し目・戻り狙いだったってだけね。


で、練習を積んでいくうちに、同じ押し目・戻りの形だったとしても
その中で、分かりやすい動き方・取りやすい形
っていうのが分かってきた(と自分では思っている)ので
分かりやすいところだけでエントリーするようにしています。

これが分かるようになってきた(気がする)のは、
前に エントリーを絞り込むとは で書いたように、1年以上かかってます。


で、ここ↓なんですけど、

・・・がトレンド発生から一旦移動平均線まで戻ってきて、それから押し目買いの形になって慎重に直近高値・安値を超えてきたのを確認してエントリーするとそこから反転してエントリーした方向とは逆の方に行ってしまう・・・ということがよくあります。

エントリーしてるタイミングが、ちょっとよく把握できなかったんですが、
下図2つのうちどちらですか?

押し目エントリー例1

押し目エントリー例2

直近高値・安値を超えてきたのを確認してエントリー ということは
2番目(下)のタイミングでエントリーしているってことですかね?


だとすると、私は2番目のタイミングでエントリーはしないですよ。

確かに、大きく(広く?)見ると、2番目のポイントも押し目と言えるかとは思いますが
私の場合は、利小狙いに徹していますので、

★いかに損失を小さく抑えられるポイントか?

でエントリーは考えますから、1番目(上)しか狙わないです。

1番目と2番目を比較したら、エントリー後に逆行した場合の損切り幅が2番目のほうが広くなりますからね。

私にとっては、一般的な定義とは異なるかもしれませんが、
2番目でエントリーするのは、ブレイク狙い と考えます。

で、私は一般的に言われる意味でのブレイク狙いはしません。

直近高値・安値を超えたところで、すぐに入る ようなエントリーはしないです。

これは、そのエントリーがまずいとか負けるよって意味ではないので誤解しないでくださいね。


私は、利小狙い、損小利小で勝率高くすることにこだわるトレードスタイルでやっているため

損失が小さく抑えられるかどうか?
負けを減らせるのかどうか?

という観点で考える必要があります。

その観点からだと、
ブレイク狙いは損小利大のスタイルのやり方だ

と私は考えていますので
私のトレードスタイルとは合致しないので、手を出しません。



直近高値・安値超えをするような動きの場合は、

高値・安値超えの前にエントリーして、高値・安値をターゲットにするか
高値・安値を超えて、そのままその方向に伸びるだろうと確信を持てるまで待つ(超えた後の押し・戻りを一旦待つ)か

のどちらかでしかエントリーしないです。

後者は、ブレイク狙い と言えるのかも?とは思いますけど
でもやっぱり、本質的には、押し目・戻り狙いですよね。


ということで、
エントリーポイントの精度を上げる練習というのも必要だとは思いますが、

それより先に
自分のトレードスタイルとは?自分に合うやり方は?
どういう狙い方でトレードすればよいか?

をもっと具体的に考えてみるといいかと思います。

tag : FX トレード 押し目 戻り 手法 損切り

comment

Secret

No title

コーヒー党のパリスさん、こんばんは
自分は職業はコーヒー屋の店長やってます
↑どうでもいい情報ですね^^;

一番目のポイントで入るときの利食いの目安は
とりあえず高値近辺までをイメージして入りますか?

自分の過去のトレード履歴をみると
ブレイクアウト発想の2番で入ったときは負けてることが多く、
でもたまに勝ったときに大きく伸びるからそのイメージが強く残って
懲りずにポジションをとってまた負けて・・・
トータルでマイナスになってたので
ブレイクアウト発想のエントリーはするのやめちゃいました^^;

コーヒー さんへ

> コーヒー党のパリスさん、こんばんは
> 自分は職業はコーヒー屋の店長やってます
> ↑どうでもいい情報ですね^^;

そうなんですか!
じゃあ コーヒーより コーヒー店長 のほうが呼びやすいかも^^

って、何じゃそら?ですねw


質問の回答はこちらでお願いします!
http://fxceleb.blog60.fc2.com/blog-entry-584.html
パリス昼豚の5万円FX
パリス昼豚の手法をまとめた「5万円FX」をトレコミュ協力で販売することになりました☆

詳細はこちら↓↓↓
パリス昼豚の5万円

5万円FXに関するご質問・お問い合わせはこちら↓まで。
5FXmail.gif
5万円FX購入後の内容に関する質問については、このブログでは受け付けておりません。上記アドレス宛にメールでお願いいたします。
また、限定ブログのQ&Aコーナーに同様の質問がないか先に確認をお願いします^^

******************
購入後のファイル解凍について
詳細はこちらの記事
******************
プロフィール

パリス昼豚(ひるとん)

Author:パリス昼豚(ひるとん)
2006年7月にFXを始めました。
元手:20万円で。

・・・が、損失が膨らみ、追加・追加で投入資金は
合計:115万円

現在(2006年11月)
23万円にまで減ってしまい・・・。
マージンコール(強制ロスカット)は3度経験しました。←おバカ

★2008年1月追記
2007年は当然のように・・・ 2月上海ショックと8月サブプライムの暴落にやられて撃沈してました・・・。

暴落で必ずやられる=ショートが苦手であることに気づき、ロングもショートも同じこと!同様にポジを取れるように頭を切り替えるように努力したんですけど・・・

根本的な原因は『損切りできない』おバカちゃんである!ということです(←分かってるなら損切りしようよ)

2008年は小額資金でコツコツ増やしていくトレードにいたします☆

★2009年3月追記
なんとかコツコツトレードを続けた結果、ようやく損した投入資金を取り返すことに成功~♪ 何かが見えてきた!というか自分が分かってきた?!

FXブログランキング
ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします!
ブログ内検索
メールフォーム
お問い合わせ・ご質問などはこちらからどうぞ。 頂いた質問はブログ掲載することがありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
過去ログ
Myバイブル
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
お気に入りリンク
※現在、相互リンクは受け付けておりません。
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。