手取り100万FX 1月19日目の結果

2010-01-28-22:00
手取り100万FX 1月19日目の結果は、

獲得: 58pips 
トレード回数: 2
勝率: 100%
(口座残高 949万ちょい)

今日は朝9時~トレード
ユロドル1回 ドル円1回

午後は出かけていたのでトレードなし


昨日の「大衆と逆の思考」ってどういう意味??に
コメントどうもありがとうございました~☆

疑問に思ってたのは私だけじゃなかった!という安心感(?)と
モヤモヤが解消されてきて、スッキリです^^


えーしーさんのコメント

例えば私の場合、スワップ派の多くが勝っていた、買って含み損を抱えても少し辛抱すればすぐに戻って円安の波に乗って誰もがイケイケドンドンだった時に、みんなと同じようなことをしてみんなと同じように大打撃をくらいました。

株でも「安く買って高くで売る」が儲ける基本でも、大衆はグングン上がっている時に買って、ガンガン下がっている時には買わずに逆に手放す人が多いと聞きます。

つい最近見たテレビでは、どこも値段(安さ)で勝負する中、「デフレの波に絶対飲み込まれるな!」とあるスーパーが安さではなく別のことで他店と差をつけて(値段は高くても品質がいい・種類が多い・ここでしか手に入らないものがる、などで)成功していました。みなと同じように安さ安さで勝負しては絶対ダメだ、と・・・。

うまく言えませんが、「大衆と逆の発想をする」ってのは、人と同じことをしていても人から一歩抜き出ることはできないよ、人と同じ方向を見ていても人と差をつけることはできないよ、ってことなのかなーと考えています。



ハロンさんのコメント

大衆とは逆の思考をする。
これって、値動きに影響されないとの意味で、僕は理解しております。つまり、大衆は値動きに左右されて売買するが、稼ぐ人は値動きからは独立していて、自分のルールのみで売買する。そんなことではないでしょうか。



秘密コメントさんより

大衆と逆の思考というのは
1.「素人が見てわかるほどのトレンド相場に追従しようと思うな」
2.負けたもん勝ち
と言うことではないでしょうか?

1は、そのままです。
素人が買いたくなるような(もしくは、もっと下がるんじゃないかと恐怖して(?)売りたくなるようなトレンドが見えたら、プロは様子見し反転を待ってますよね?
だけど、株ならば、証券マンに踊らされる素人(大衆)は、上昇トレンドになっているのを目で見て、安心して買い=トレンドの最後に入って、急落を味わう・・・

その代わり、「落ちてくる包丁を素手で拾うな」(だったかな?)のように、やみくもに大衆の反対をいくのではなく、

「相場は絶望の中で生まれ、懐疑とともに育ち、楽観により熟し、陶酔のうちに終わる。」

で、絶望している頃は様子見(反転待ち)、育ち始め(大衆は懐疑している頃)に入れ。

かなと。

2は、「損切り」じゃないでしょうか?

勝ちたい(儲けたい)→損切れない→損をする
大衆の動向・・・^^;;




えーしーさん、ハロンさん、秘密コメントさんの指摘で共通しているのは

「大衆」のトレードでは、明確な判断基準がない

ってことだな、と。

だから大衆と逆をいけっていうのは、
明確な判断基準を持ってトレードすべきって意味じゃないかなと思います。


えーしーさんのデフレに負けるな!スーパーの例は、
私が常々書いている、自分に合ったトレード・スタイルを見つける
ってことと同じだな~と。

損小利大は王道とされているかもしれませんが、それだけが唯一の勝てるスタイルではない。

トレードでの逆張りではなくて、スタイル構築の上での逆張り発想って感じ??


それと株の例を出してもらえたことが、ブレイクスルーでした!
投資関連の本読んでいても、証券マンとかブローカーの意見に流されるなって感じのことが、よく出てきますよね。

私はネットでのオンライントレードしかしたことがなく、
そういうお勧めで売買したことがなかったので見落としていましたが

確かに一昔前だと、大衆は自分の判断じゃなくて証券マンの判断で売買していたのかも。

と考えると、FXでも、有名アナリスト・エコノミスト(?)の人とかの意見を参考に・・・と言いつつ、言われたままのトレードしちゃってたりしますよね。


これも自分の中で明確な判断基準がないから、ですよね。



それと、大衆と逆をいこうとするならトレンドフォローしないってこと?という疑問に対しては、
タイミングの問題なんだ!と。

確か藤巻さんだったと思うんですが、

勝てるトレーダーっていうのは、人より1.5歩くらい先にいける人
2歩3歩早いと逆に早すぎて勝てない

ということを本に書いていました。

大衆っていうのは、人より2歩3歩遅れてるって意味なのかなと。

トレンドフォローは、トレンドの中間を取るのが一番楽で儲かりますけど
大衆はそのトレンドの中間じゃなくて、終わり頃にエントリーしちゃいがちで
損切りも、判断が2歩3歩遅れてしまいがち・・・




うん、なんか分かってきましたが、スッキリしてくればくるほど

大衆と「逆」って表現 違くない?? って気が・・・w

「トレードで成功する人は1割しかいない」はあまり適切な表現じゃないと感じたのと同じ違和感が^^


大衆と逆で、って負けてるときに言われたら、今やってることと反対のことすべきなのか!?って思っちゃいますよね~??
そんな単純なことじゃいかん!って言われたらそれまでなんですけど。


負け癖で書いたような、
ロングしようと思ったけど、ショートにしたほうがいいのかな・・・ とか
そういう間違った迷いを生む原因になりそうですよね~。


もっとこう、

大衆は判断基準なくトレードしがちだ


トレンドフォローは
寄らば大樹の陰、長いものには巻かれろ ということだが
タイミングを誤ると悲惨だ


大衆は2・3歩遅れがちだ


みたいに、迷いを生まないように具体的に言ってほしいですよね~^^


tag : FX トレード ユーロドル ドル円

comment

Secret

にゃるほど!

皆さんの詳細な説明で、私も何となく分かってきたかもです。^^
ありがとうございます♪

”逆”って言い方にまとめてしまうと、確かに迷いますね。

No title

「大衆ってのは 人より2.3歩遅れてる」

すごくしっくりくる表現ですね^^

あと、明確な判断基準がないってところも、自分に置き換えると悲しいほどにしっくりきますねぇ^^;

ホント私、大衆の代表かも^^;



桜子さんへ

私もなんとなく分かってきました^^

大衆と逆 でも
大衆とは異なる思考 でも

具体的に分からないから迷いますよね~。

えーしーさんへ

悲しいほどにしっくりですか~
ま、でも投資と投機だと考え方が違うかもしれないし
えーしーさんの場合は超・長期での運用だから
これ当てはまるかどうか分かりませんよね。

10年・20年って単位で見たら、
年利10%くらいに落ち着く
買って放置が一番儲かってる

ってデータ(株の長期運用の話だったはず)見たことがあります。

大学時代の金融のリスク管理を勉強してた友人は
資産を増やしたいなら
ノーロードのインデックスファンド買うのが一番合理的だ
って言ってました^^
パリス昼豚の5万円FX
パリス昼豚の手法をまとめた「5万円FX」をトレコミュ協力で販売することになりました☆

詳細はこちら↓↓↓
パリス昼豚の5万円

5万円FXに関するご質問・お問い合わせはこちら↓まで。
5FXmail.gif
5万円FX購入後の内容に関する質問については、このブログでは受け付けておりません。上記アドレス宛にメールでお願いいたします。
また、限定ブログのQ&Aコーナーに同様の質問がないか先に確認をお願いします^^

******************
購入後のファイル解凍について
詳細はこちらの記事
******************
プロフィール

パリス昼豚(ひるとん)

Author:パリス昼豚(ひるとん)
2006年7月にFXを始めました。
元手:20万円で。

・・・が、損失が膨らみ、追加・追加で投入資金は
合計:115万円

現在(2006年11月)
23万円にまで減ってしまい・・・。
マージンコール(強制ロスカット)は3度経験しました。←おバカ

★2008年1月追記
2007年は当然のように・・・ 2月上海ショックと8月サブプライムの暴落にやられて撃沈してました・・・。

暴落で必ずやられる=ショートが苦手であることに気づき、ロングもショートも同じこと!同様にポジを取れるように頭を切り替えるように努力したんですけど・・・

根本的な原因は『損切りできない』おバカちゃんである!ということです(←分かってるなら損切りしようよ)

2008年は小額資金でコツコツ増やしていくトレードにいたします☆

★2009年3月追記
なんとかコツコツトレードを続けた結果、ようやく損した投入資金を取り返すことに成功~♪ 何かが見えてきた!というか自分が分かってきた?!

FXブログランキング
ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします!
ブログ内検索
メールフォーム
お問い合わせ・ご質問などはこちらからどうぞ。 頂いた質問はブログ掲載することがありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
過去ログ
Myバイブル
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
お気に入りリンク
※現在、相互リンクは受け付けておりません。
RSSフィード