スポンサーサイト

-----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボラ低下? 裁量とは 後編

2012-09-23-18:25
ボラ低下? 裁量とは 前編 の続きです。


最近のユーロドルはボラが少ないですが、パリスさんはどう対処されてますか?
手法やリミットストップ幅を調整してみたり、
通貨を変えたりすることはありますか?
通用しなくなってきたなとか、チューニングが必要だと感じることはありますか?



ボラ低下? 裁量とは 前編 では

最近のユーロドルはボラが少ないですが、
について、

私はそれほどボラが低下しているとは感じてません。
利小狙いのトレードスタイルなので、それほど大きく・激しく動く必要ないし。

ということを書きました。
今回は質問の後半部分について。


手法やリミットストップ幅を調整してみたり、
通貨を変えたりすることはありますか?
通用しなくなってきたなとか、チューニングが必要だと感じることはありますか?



この「手法が通用しなくなる」というの、たまに聞かれるんですけど
これはどういう意味なのか??毎回、私は違和感を感じるんですよね・・・。

例えば、本当にユーロが崩壊して通貨自体が消滅したとか
少し前のユロスイみたいな、これ固定相場?のような動かなさにユロドルもなれば、

5万円FXの手法はもう通用しない

当然そうなりますよね。


でも、私の5万円FXのやり方って

1日20~30p取ればOK
それを数回のスキャルで抜く

だけです。

もし仮に、1日1回エントリーで100p狙っていく、とかなら
なかなか条件が厳しいですし、
通用しづらくなる状況は多く発生するだろうなと思いますけど

それに比べたら、5万円FXのやり方の通用しづらい状況なんて
はるかに少ない・・・ほぼ無いくらいじゃない?と思います。


こういう通用しづらい状況が発生しやすいかどうかは、
自分のトレード・スタイル、やり方を検証して決める段階で予測可能ですし、
予測可能なんだから、
それに対する代替策を事前に用意しておくことだってできるはずですよね。



また、「チューニングが必要」かどうかみたいなことも
たまに聞かれるんですけど、
これもイマイチ意味が分からないんですよね・・・。


というのは、私がやっているのは「裁量トレード」ですから
基本・土台になるやり方、ルールはもちろんありますけれど
実際にトレードをやるときは固定的なものではなく、
状況・場面に応じて柔軟に判断(=裁量)していく必要があります。

値動きの勢いを見る、とか、嗅覚が~等と表現しているのがそれです。

なので、日々、目の前の値動きをしっかり観察して、それに合わせていく
=チューニングしながらトレードしている
それが「裁量トレード」というものではないのでしょうか?
と私は考えているので、

え?チューニングは毎日必要ですけど・・・??

と感じるんですよね。


裁量トレードと
システムトレード(EA、自動売買など)をごちゃ混ぜにしているのか
まさか、
システムトレードを手動でやること=裁量トレードだと考えている・・・?
そんなわけはないですよね。


私は裁量トレードの訓練のステップとしては、

最初に、ルールに従って淡々とトレードできる
ルール通りにトレードするのが当たり前の状態にする

次に、ルールは基礎・土台としてあるけれども
目の前の値動きに対して柔軟に判断していけるように
デモをやって検証して~を繰り返す

柔軟性がある程度身についたら
リアルトレード開始して、もっと上達できるように
日々検証して~を続ける

と考えていますが、

この最初の段階のところ、ルール通りにトレード出来るかどうかが、
まだあやふやなのにリアルトレードを始めて、勝てない勝てない言う人多いですよね。

もし、そういう状態だとしたら、
チューニングが必要か?とか、手法が通用しなくなるのでは?とか
考えちゃう(聞いちゃう)だろうな、とは想像できますけど・・・。

それはつまるところ、
トレード・スキル向上に目が向いていなくて勝ち負けしか見ていない、
そのため検証の量・質ともに圧倒的に不足している
のが問題だと私は思います。


スポンサーサイト

tag : FX トレード ユーロドル 検証

人権救済法案 強引な閣議決定おかしい

2012-09-20-23:21
人権救済法案 強引な閣議決定おかしい
2012.9.20 03:16  MSN産経ニュースより

 野田佳彦政権は、新たな人権侵害や言論統制を招きかねないとの批判が出ていた人権侵害救済機関「人権委員会」を法務省外局として設置する法案を閣議決定した。

 今回の閣議決定は不可解な部分が少なくない。藤村修官房長官は「政府として人権擁護の問題に積極的に取り組む姿勢を示す必要がある。次期国会提出を前提に、法案内容を確認する閣議決定だ」と強調した。

 だが、国会提出時には再度、閣議決定を経る必要がある。人権救済法成立に前のめりな党内グループに過度に配慮しただけではないのか。同法案に慎重な松原仁国家公安委員長の外遊中を狙った節もあり、疑念がつきまとう。

more...続きを読む

日本に"戦争"をしかける中国

2012-09-19-16:33
『日本に"戦争"をしかける中国①』河添恵子 AJER2012.9.19(1)

ーシリーズ 河添恵子 世界を語るー
第30回『日本に"戦争"をしかける中国』
河添 恵子氏
倉山 満氏
前半



『日本に"戦争"をしかける中国②』河添恵子 AJER2012.9.19(2)

ーシリーズ 河添恵子 世界を語るー
第30回『日本に"戦争"をしかける中国』
河添 恵子氏
倉山 満氏
後半



これすごく勉強になった!!必見です!




尖閣:中国共産党から指示を受けた野田が・・・

2012-09-11-23:02
尖閣諸島、一体なぜいつの間に国が・・・?


野田首相はこっそり中国共産党と接触して

日本政府が尖閣を所有して
何も­つくらないし人も置かないし上陸もさせない

と名言したと中国では報道されていた、と。

以前、
中国共産党か、その関連機関か何かから
尖閣を300億円で売ってくれと打診を受けたことがあるが断った
と地権者の方がTVで話していたけど

その10分の1以下の値段で、それも自分達は1銭も出さずに
実質的に購入できたようなもんだから
海の向こうでは笑いが止まらないのでしょうか。


イ・ミョンバク大統領にも満面の笑みで握手を求めていってるし
野田首相・・・ほんま何なん?


******************************
尖閣諸島付近に中国巡視船2隻が到着か
2012.09.11 Tue posted at 15:47 JST

北京(CNN) 中国の新華社通信は11日、日本が国有化を決めた沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の周辺海域に巡視船2隻が到着したと伝えた。

同通信によると、巡視船を派遣したのは中国国家海洋局。同局の情報筋は、島の「主権を維持する」ための行動計画を策定したと述べ、「状況に応じて行動を取る」と予告しているという。

日本政府は10日、尖閣諸島を地権者の栗原家から政府が買い取るとの計画を明らかにした。藤村官房長官によると、これを受けて11日の閣議で、島を20億5000万円で買い取ることが決定した。
******************************


******************************
尖閣:石原都知事、寄付の14億円を凍結

毎日新聞 2012年09月11日 20時14分

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)の国有化を受け、東京都の石原慎太郎知事は11日、都に寄せられている14億円超の寄付金を基金化し、政府が漁船の避難港など島のインフラを整備しない限りは凍結する考えを明らかにした。

 都庁内で記者会見した石原知事は、国有化について「最終的には国にバトンタッチするつもりだったが、不本意でもある」と述べたうえで「『寄付金を返せ』と言う人もいるが、ちょっと待ってもらい、政権が代わって具体的に動きが出た時に役立てる」と述べた。

 地権者は国の購入価格より2000万円低い20億3000万円を提示していたといい、「(地権者に)いろんな財政事情もあるんでしょう」と言いつつも「釈然としない。土壇場でうっちゃりを食った感じ」と悔しさをにじませた。

******************************



******************************
パチンコ屋の倒産を応援するブログ より転載


2012年 09月 08日
相手を間違うな

大変残念なニュースと言う他ありません。
昨日尖閣を都ではなく国に売ることを
地権者が決定したことを石原都知事へ伝えました。

【<尖閣>11日に購入契約 3島国有化、10日決定】
政府は7日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)に関する関係閣僚会議を10日に開いて魚釣島、南小島、北小島の3島の国有化を正式決定する方針を決めた。11日の閣議で購入費を予備費から支出することを決め、同日に地権者と売買契約書を交わす。

 購入額は20億5000万円。野田佳彦首相は7日に首相官邸で行われた米CNNのインタビューで「国が尖閣諸島を買う目的は、平穏かつ安定的な維持管理の継続だ。中国にも説明していきたい」と購入を初めて明言した。

 尖閣国有化は、長浜博行官房副長官が3日に埼玉県在住の地権者と合意した。これを受け、長島昭久首相補佐官が4日、購入を目指している東京都の石原慎太郎知事に会い、石原氏が求めている漁船の避難港や灯台の整備は見送る方針を伝えていた。【小山由宇】
(2012/9/8 毎日新聞)

マスゴミと民主党は3日には合意していなかったものを
とにかく合意したと大宣伝しました。
その自分達が嘘を垂れ流していた事を
堂々と誤魔化すために3日に合意したと書いています。
5日の段階で地権者は「迷ってはいるが合意はしていない」と
言っていたのですからこの記事は正しくありません。

長島昭久などの民主党の自称保守派が
保守はあくまでも票集めのための口先だけの物でしか無い
ということを改めて見せつけてくれました。

なぜか石原都知事を叩いたりする人達が居ますが
都はきちんと購入するために手続きを踏んできました。
そこに突然、中国共産党から指示を受けた野田が
強引に割って入ってきて横取りしたわけです。

この横取りに対する批判の矛先を少しでもブレさせようと
地権者が金目的であるかのようにマスゴミは吹聴していますが、
そもそも中国共産党が300億円での購入を持ちかけ
これを地権者が蹴った事を考えれば金額の問題ではありません。
金額の問題ということにもしたいから
都が提示していた20億3000万円を上回る20億5000万円
という金額を野田内閣が出したに過ぎません。
政府としてあらゆる情報を手に入れられる立場で
民主党が政府である限り国には売らない
と言っていた地権者をどう脅したのか?
この線を疑って良いと思います。

さて、私たちがこれからやるべき事は
とにかく尖閣を話題にし続ける事、
会話にちょっとだけ、ちょっとだけで良いので混ぜてください。

そして「中国共産党の要求で野田が横取りしたんだぜ」と
「中国人は上陸させるくせに日本人は近寄らせないって約束してたんだぜ、中国じゃ当たり前に報道されてるけど、日本のマスコミは知っててこれを隠してたんだぜ。」
と。

【尖閣の主権、明言せず 米国務省「特定の立場取らない」】
 【ワシントン=犬塚陽介】米国務省のベントレル報道部長は9日の記者会見で、日本政府が尖閣諸島を国有化する方針を固めたことについて、「米国は尖閣諸島の最終的な主権について(特定の)立場を取らない」と述べ、関係国が「平和的に解決するよう期待する」との見解を示した。

 オバマ政権ではクリントン国務長官が2010年9月、ニューヨークで前原誠司外相(当時)と会談した際に「尖閣諸島には(日本への防衛義務を定めた)日米安保条約5条が適用される」と明言しているが、ベントレル報道部長は主権に関する言及を避けた。

 一方、国務省高官は9日、クリントン長官が来日した際、日本側に尖閣諸島の購入について質問したことを明らかにした。モンゴルに移動する機中で記者団に語った。

 国務省高官は「日本側がどう考えているかを知りたかった」とした上で、日本政府は「判断に関する極めて初期の段階にあるのは明白」との見方を示した。

 また、日本政府が尖閣諸島購入で、中国と接触したと説明したことにも言及し、事態の進展に応じて米国側に状況を説明する約束も取り付けたという。
(2012/7/10 産経新聞)

米側が野田内閣の動きを不審に思って質問したら
野田が購入を言い出す前に中国共産党と接触していた事を米側に認め、
米側に定期的に報告するよう約束させられた。

というのが正確なところです。
そしてその内容が中国では報道されていて
日媒稱中國將對日提出釣魚島問題解決“三不”原則

日本政府が尖閣を所有して何も­つくらないし人も置かないし上陸もさせない

というものだったわけです。
尖閣を守るためにも港湾整備は必須です。
今度の選挙の争点の一つにさせましょう。
そのためには私たちが会話のどこかに尖閣の話を少しずつまぜていくしかありません。

そして石原や地権者を叩くのは間違いです。
倒すべき敵はどう考えても
「売国無罪」と売国に全力を注いでいる野田内閣であり民主党です。
そしてその野田内閣を生み出した支持母体です。

******************************
パリス昼豚の5万円FX
パリス昼豚の手法をまとめた「5万円FX」をトレコミュ協力で販売することになりました☆

詳細はこちら↓↓↓
パリス昼豚の5万円

5万円FXに関するご質問・お問い合わせはこちら↓まで。
5FXmail.gif
5万円FX購入後の内容に関する質問については、このブログでは受け付けておりません。上記アドレス宛にメールでお願いいたします。
また、限定ブログのQ&Aコーナーに同様の質問がないか先に確認をお願いします^^

******************
購入後のファイル解凍について
詳細はこちらの記事
******************
プロフィール

パリス昼豚(ひるとん)

Author:パリス昼豚(ひるとん)
2006年7月にFXを始めました。
元手:20万円で。

・・・が、損失が膨らみ、追加・追加で投入資金は
合計:115万円

現在(2006年11月)
23万円にまで減ってしまい・・・。
マージンコール(強制ロスカット)は3度経験しました。←おバカ

★2008年1月追記
2007年は当然のように・・・ 2月上海ショックと8月サブプライムの暴落にやられて撃沈してました・・・。

暴落で必ずやられる=ショートが苦手であることに気づき、ロングもショートも同じこと!同様にポジを取れるように頭を切り替えるように努力したんですけど・・・

根本的な原因は『損切りできない』おバカちゃんである!ということです(←分かってるなら損切りしようよ)

2008年は小額資金でコツコツ増やしていくトレードにいたします☆

★2009年3月追記
なんとかコツコツトレードを続けた結果、ようやく損した投入資金を取り返すことに成功~♪ 何かが見えてきた!というか自分が分かってきた?!

FXブログランキング
ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします!
ブログ内検索
メールフォーム
お問い合わせ・ご質問などはこちらからどうぞ。 頂いた質問はブログ掲載することがありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
過去ログ
Myバイブル
カテゴリー
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
お気に入りリンク
※現在、相互リンクは受け付けておりません。
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。