スポンサーサイト

-----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相対評価と絶対評価

2010-07-31-21:37
トレードでは、普通の日常生活での考え方をしていてはいけない
みたいな話を、よく聞きますよね。

私、ずっと
それは具体的にどういう意味なんだろうか・・・
と分からなかったんですよね。

まさか私が、自分で気づかなかっただけで
日常で完璧KYな考え方をしていたってことなのか!?

・・・と、うっすら気になったこともあるんですがw


あ、もしかしてこれそうかも?と考えてみたことなんですけど

相対評価と絶対評価ってありますよね。

相対評価は、誰か他の人と比べて自分の位置・評価が決定される。
入試や、就職試験など、他の人の出来によって、自分の合否が決まるものは
相対評価ですよね。


絶対評価は、他人は関係なくて、あくまで自分のパフォーマンスが
一定基準を満たしているかどうかで評価が決まる。
70%以上正解なら合格というタイプの資格試験は絶対評価になりますよね。


で、これまで生きてきた中で、相対評価と絶対評価を比べると
私は明らかに 相対評価 のほうが多かったと感じます。

多かったっていうか、日常的に、相対評価の目に晒されてる感じ?
平たく言うと、誰かと比べて自分はどうか?を日々感じて生きているような。

容姿とかさ、特にそうじゃないですか??


ま、そういうのって人の目を気にしすぎてるだけなんですけどね。
気にしちゃうの普通だよね??

程度の差はあれ、こういう人の目を気にするのが普通の感覚で生きていると、
相対評価で自分を見るのが当たり前って無意識に刷り込まれてるんじゃないかなと思います。

で、これをトレードに持ち込むと
全く機能しないというか、足を引っ張る原因になるのでは?と。

トレードで勝ち続けるのって、自分との戦いだと思うので
人と比べてどうだとか、全く関係ないし、どうでもいい
と私は思う。


ゼロサムゲームだ、とか
勝てる人は全体の数パーセントだ、とかって言葉を真に受けちゃうと、

他人より優れていなければ → 他人との比較で自分が優位かどうか
と相対評価で考えてしまうかもしれないけれど

私自身は、ゼロサムゲームって話は、確かになるほどねとは理解するけど
実際のトレードで、誰かが負けたから私が勝てた
誰かが負けてるから私が勝てていると感じたことはないですね。


あくまで、自分が規律正しくトレードできているかどうか や
昨日の自分より、今日の自分は成長できているか などしか考えてなかったです。

つまり、『絶対評価』で自分を見ていました。


トレードでは、絶対評価で自分を見ること
それが自己責任につながるのかな、って思います。


ま、当たり前すぎる話なんですけど^^


スポンサーサイト

tag : FX トレード

損失を受け入れられない?

2010-07-30-22:24
Pさんからの質問
どうもありがとうございます☆

パリスさんがどこで書かれていたのか忘れましたが、20pのストップで以前は15pの含み損を持つこともあったと。
現在はどうなのでしょうか?
多少逆行してもシナリオの範囲内であれば保有かと思いますが、精度が高くなるごとに逆行pipsも少ないかと。。。

私は戻りや押し目を拾う時に少しでも反対に行くとすぐに決済してしまいます。
結局エントリー方向に伸びて入り損なうこともしばしばです。



現在でも極たまに▲15pくらいの含み損になることはありますよ。
大抵は▲10p以下ですかね。
精度が高くなれば、抱える含み損も減りますね。

でも、それとともに、エントリー自体を絞り込んでいるので
以前ならエントリーしてただろうところでも
エントリーしなくなっているので
逃した利益もたくさんありますよ。
もちろん損失(負けトレード)も、ですけど。

そういう意味では、
精度を上げるために、捨てるもの・見逃すものが増えました。



私は戻りや押し目を拾う時に少しでも反対に行くとすぐに決済してしまいます。



これは、損失が受け入れられていない・ビビっているから
すぐに決済してしまうのでしょうか?
それともちゃんと根拠がある?


結局エントリー方向に伸びて入り損なうこともしばしばです。

これは、
すぐに決済した(損切り)後に、再エントリーし損なうという意味ですか??

だとすると

んーー、ちょっと難しいけれど
損失を受け入れられてない っていうのがまず問題ではないでしょうか。

再エントリーし損なうのは、最初に損切りした
したっていうより、損切りしてしまった・損を出してしまった

っていう心理状態から、自分を信じられなくて、ビビりすぎてて
再エントリーする勇気が出ないわけですよね。

で、その後、
もし再エントリーしてたらプラスになった
っていう値動きを見ちゃうと

なぜあそこで入らなかったんだろう・・・
もしくは
最初のポジを切らずに持っておけば・・・

ってまた自分を信じられなくなる心理状態になるわけで


こういうのって、負のスパイラルにはまっちゃうだけじゃないですか?


損失を受け入れられない ことの「根本的な」理由って
人それぞれなので、Pさんがどうかは分かりませんが

私の場合は、
負けることを認めたくない
自分の読みが間違ってたなんて認めたくない
っていう変なプライドの高さが一番の根本的理由でしたけど

いろいろな人とやり取りしていると、
私の勝手な推測ですけれども

自分が勝てるという自信がない・持ってない
のが根本にあるのかな?と感じる方が割りといらっしゃいます。


その自信が持てない理由っていうのも人それぞれなんですけど

大まかには、
もともと自分に自信が持てない、自己卑下しがちな心理的問題の場合と

自分の勝ちパターンを分かっていない、検証・分析が足りてない
どっちかっていうと技術的問題の場合

に分かれるんじゃないですかね。

ま、両方の相乗効果(?)で訳分からなくなってる場合もありますけど。


心理的な問題だと根が深いのかな・・・とは思いますが
ひとつひとつ解きほぐして、
己を知ること
ありのままの自分を認めること
をしていくしかないよなぁって思います。


技術的問題の場合は、正直、怠けずにきっちりやるのかやらないのか
って話だと私は思っているので
トコトン地道に努力すればいいだけ、と思います。


ただ、自分の根本的問題がどっちなのか?は
先にちゃんと考えないといけないとは思いますよ。

そういうのしっかり考える時間を取らないと
努力があさっての方向に向いていたり
聖杯探しに陥っちゃうだけかな、と思います。


tag : FX トレード 損切り

手取り100万FX 7月のまとめ

2010-07-29-21:21
7月のまとめです。

勝ち日数: 17日
負け日数:  3日
トレード無し:0日


合計獲得:641 pips

勝ちpips:  656 pips
負けpips:  ▲15 pips


トレード回数: 57

勝ち回数: 54
負け回数:  3

勝率:95%


1回の勝ち平均: 12.1 pips
1回の負け平均:  5.0 pips

損益率: 2.4


1日あたり平均獲得: 32.1 pips

1日あたりトレード回数: 2.9 回


今月もグッジョブ!
と自分を褒めておきます^^

負けを減らすことは大分安定できてきています。
結果見てってことじゃなくて
心理的に抵抗無く普通にできてきていると自分で感じるって意味です。


次なる課題は、もう少し利を伸ばすこと(5pipsくらいだけど)ですが
すぐには無理だな・・・
これから1年じっくり取り組もうと思います。



tag : FX トレード ユーロドル

両建てと分割・一括エントリー

2010-07-29-19:25
Aさんからの質問
どうもありがとうございます。

・この記事のように両建てした場合のポジションのはずし方を教えていただきたけたらうれしいです。(私もFXではない別の投資対象で日足ベースの時はよく両建てをしましたが、デイトレ・分足ベースでの両建てはかなり難しいのではないか?と悩んでいるところです。)


私は「心理的に損切りできない」ことから両建てを覚えたので
林さんの「ツナギ売買の実践」にあるような正しい(?)やり方ではないし
感覚的にやっていたので、外し方を明確に説明できないですね・・・

保有ポジのコストダウンのためにやるのが正しい両建てかなと思うので、
デイトレ・分足ベースでスキャルをやるのであれば、
あまりやらないほうがいい、最初から両建てありでトレードを考えないほうがいい
かと思います。

私の場合は、損切りできないので、苦肉の策として両建てで損失をロックすることで
冷静さを取り戻すまでの時間稼ぎをしていた

冷静にチャートを見ていたら、次の動きがある程度分かるというか
嗅覚が冴え渡るときとか、分かりやすい動きになるときってありますよね。
そういうところまで待って、そこでいらないほうのポジを切るようにしていました。

両建てでバランスを取ってトレードするほうが
昔の私にとっては心理的にやりやすくて
最終的に利益になることが多かったんですが、

それを長く続けた結果、
資金効率が悪いし、外すの失敗したら目も当てられないし、
私はトレードに対して刺激を求めているだけだなと心底思いましたので
今はやってないですし、お勧めできるやり方ではないと思っています。


デイトレ・分足ベースでの両建てはかなり難しいのではないか?と悩んでいるところです


自分の経験から言うと、
難しいかどうかは、その人の性格によるんじゃないかと思います。

昔の私にとっては、心理的なバランスを取るには
片張りのほうが難しく感じていたので。

なので、両建ては、
技術がどうとかではなくて
心理的な効用のために使う、使ってみてもいいものかな?と個人的には考えています。

デイトレ・分足ベースでトレードを構築するのであれば、
片張りと両建てとどっちのほうが利益を出しやすいかを考えてみて
両建てのほうが難しそうだと思うのであれば、
普通に片張りで練習していったほうがいいと思います。

トレードで勝つ・勝ち続けるには、
先に、そのやり方での心理的な負担が大きいのかどうか
稼ぎやすいのかどうかで考えたほうがいいかと思います。

小難しい(?)技術にチャレンジするほうが
充実感や達成感は得られやすいですが、
稼げるかどうかは全くの別問題ですから。



・だんだん取引枚数を増やしていっているところですが、ひるとんさんは分割エントリーをされますか?それとも一括ですか?分割・一括はそれぞれ一長一短があると思いますが、5分足など時間の短い足の場合分割エントリーは難しくないでしょうか?かといってダンゴの玉を作るには結構心臓も要りますし・・・・。


私は分割エントリーはしてません。
利小狙いで短期決戦でやっているので、分割する必要性がないので一括でやっています。

今後、利大狙いでスイングとかをやるなら分割も考えるとは思います。


昔、分割エントリー・分割決済を練習してみたことはあるんですが
ポジションサイジングって意外に難しいな~と思ったので、
シンプルに、一括でまずはトレード上達しようと思いました。


ところで、「ダンゴの玉」って、私は、

・試し玉で入れたのに、切るべきときに切れずに残してしまったポジ
・分割エントリーでトレードしているのに、最初に勝負をかけて
タイミング悪いところで枚数多く張ってしまい、
含み損を抱えたままどうしようもなくなってるポジ

とかのダメポジの固まりことだと思ってたんですけど違うの・・・かな?


ま、言葉の定義なんて意味が通じてればどうでもいいんですけど^^


ダンゴの玉を作るのに心臓が要る っていうのは

ポジの積み増しは心理的に負担が大きいって意味なのか
ダメポジ抱える可能性が高いのが不安 って意味なのか

どっちなのかな?と思ったので。

tag : FX トレード 両建て エントリー

手取り100万FX 7月20日目の結果

2010-07-28-22:37
手取り100万FX 7月20日目の結果は、

獲得: 34pips
トレード回数: 3
勝率: 100%

21時~トレード
ユロドル ショート3回

今日も出掛けていたので夜トレード
ユロドルなかなか動き出さないですね・・・
こういう動きはジリジリして、つらいわ。

今日で20日目なので今月は終了にします。

あぁ、来月から悩ましいレバ規制><
私は資金を倍にして枚数そのままでトレードします。

来月からの1年間はまだそれほどでもないけど
来年のレバ25倍規制はきっついよね・・・
今年1年でレベルアップにいそしまねば!

tag : FX トレード ユーロドル

手取り100万FX 7月19日目の結果

2010-07-27-22:30
手取り100万FX 7月19日目の結果は、

獲得: 38pips
トレード回数: 4
勝率: 100%

21時~トレード
ユロドル ロング3回 ショート1回

今日も微妙な動き・・・?

一応上昇トレンド中ですけど
1.30台キープするわけでもなく
下げていくわけでもなく・・・ つらいな。


ところで、今日うちの掃除機が成仏しました・・・。

いきなり猛暑になったから(?)
ここ2~3日でものっすごく虫に刺されてしまい><
家中に掃除機かけまくってたら
今日なぜかヒュゥ~ンって電源切れて、
うんともすんとも言わなくなった・・・

まぁ古かったし、新しいのに買い換えたいけど迷ってたので
タイミングは良かったんですけどね。

で、新しいのを急いで買いに走ったんですけど
新品はやっぱり吸引力が違う!(気のせいか!?)

たたみ・フローリング・じゅうたんを自動判別してくれる!(当たり前?)

楽しくてウキウキで掃除機かけてたら
父親の靴下を吸い込んじゃいましたw

tag : FX トレード ユーロドル

手取り100万FX 7月18日目の結果

2010-07-26-21:38
手取り100万FX 7月18日目の結果は、

獲得: 1pips
トレード回数: 1
勝率: 100%

21時~トレード
ユロドル ロング1回

今日は出掛けていたので夜トレードしてみましたが
動かない・・・切ったら上がる・・・

というか、
家から出たら猛暑で汗ダラダラ
店の中はクーラーガンガンで体が芯から冷えた
店の外に出て、暑いよりも「あったかい~」と感じた

この変化に耐え切れず、お腹痛くなっちゃって
力が入らず集中できないんですけどw ヘタレすぎる!?

やっぱり丹田って大事☆

トレードは明日がんばろう。

tag : FX トレード ユーロドル

準備をしてエントリーする

2010-07-25-15:32
昨日の記事:あきらめの境地のその先 への
Tさんからのコメント
どうもありがとうございます。

ひるとんさん。お話ちょっと難しかったです。
文章で説明されるのはとても大変かと思いますが私はこのような内容は「考えるきっかけ」になるので参考にしたいと思っています。
ひるとんさんの高い勝率を見ていると、結果=期待値になっていると見えてきて、そのような結果を出す何かがあるのだろうと想像してしまいます。
「結果はあまり気にしていない」と言っても、良い結果だからなあ・・・・
リアルチャートの形成の動きを見て、「ビビっと」感じたときにひるとんさんは注文を出しているのでしょうか。もたもたしていたら、タイミング逃してしまいますよね



結果=期待値になっている というのがよく分からないです。
期待値の言葉の意味がお互いに違うのかな?

「結果はあまり気にしていない」と言っても、良い結果だからなあ・・・・

私は
1回1回のトレードで勝つか負けるかは分からない
『単なる結果論』に過ぎない
と考えてエントリーしています。

良い結果になるのは、
エントリーの精度(シナリオの精度)を上げる とか
事前に決めたシナリオ通りに決済をする(勝ち逃げ・負け逃げする) とか

トレード成績を上げるために自分に課した課題をひとつひとつクリアして、
尚且つ、それを厳しく継続しているからです。

トレードのプロセスにこだわって規律を守っているので
結果がついてきただけ と自分では思います。



リアルチャートの形成の動きを見て、「ビビっと」感じたときにひるとんさんは注文を出しているのでしょうか。もたもたしていたら、タイミング逃してしまいますよね


「ビビっと」感じたときに注文を出す・・・?
そういうことはしてないですよ。

というか、その状況がイマイチ分からないんですが
例えば、ちょっと動き出したときに慌てて飛び乗る とかそういう感じ??

ビビッと感じたときに注文を出す、もたもたしてしまうっていうのは、
エントリー前にシナリオを描けてない
ってことじゃないのかな?

私はチャートを見て、次の動きを予想します。
上げるとしたら、こういう形、下げるとしたら、こういう形 と複数のチャートのイメージを頭の中に描きます。

その動き方のイメージの中で、
エントリーすべきポイント=リスクを取るに値するポイントはどこか?
を考えて決めておきます。
もちろん反対に動かれたらどこで損切りすべきか、利食いするのはどこかも考えておきます。

で、現在の値動きを見ながら
複数描いたイメージの中で、今はどれが一番可能性が高く起こりそうかを判断して
シナリオを選択し、

そこからはずっとレートの数字の推移を見ています。
(上げ下げで青や赤でピコピコしたりするアレね。)

レートの数字の上げ下げの速度や停滞しているかをずっとガン見していて
感覚的には、自分の波長を値動きに合わせていくような感じで

それとともに、自分の選択したシナリオに近い動き方になりそうかどうかを判断します。

シナリオに近い動き方をしていれば、
自分が事前に決めておいたエントリーポイント付近で
注文画面を出して、より一層集中してレートの数字を注視します。

事前に想定しているエントリーポイントは、
ただひとつのレートに決まるわけじゃなくて幅がありますから、
その幅の中で出来るだけ有利なレートでエントリーしたいので
レートの数字の推移を見て、限りなくピンポイントで入れるように頑張ってます。


という感じで、私は事前に狙いを定めて構えて待ってる状態でトレードしているので
いきなり注文を出す・出さなくてはいけなくなる状況っていうのは無いですね。

もし仮に、チャートを立ち上げた調度そのときに
いい形・パターンになってたとしても

シナリオを描いて準備を整えた状態になっていなければ
エントリーは見送ります。

そこで利益を逃したとしても
私に取っては、どうでもいいことですし
次のチャンスまでにしっかり準備を整えて参戦すればいいだけですから。

tag : FX トレード チャート 損切り 利食い

あきらめの境地のその先

2010-07-24-22:00
私は、自分で決めたトレード・スタイルやルールを
(完璧と言わないまでも)徹底して守ってやっているのに
結果がトントンで3歩進んで3歩下がる状態のとき

やるべきことは必死でやってきたし、今もやってるんだから
それで結果がついてこないんならしょーがない

という「あきらめの境地」に達してから
徐々にプラスになっていったんですが、

最近になって、その「あきらめの境地」のその先に至ったような
そういう心境が安定してきたように思います。

あきらめの境地 のときは、境地と言いつつも
心のどこかで損益に対する未練とかドキドキ感を抱えていたし
諦め半分、投げやり半分な感覚もあったんですけど

それをある一定期間(一定量?)こなしたことで
利食いするのも損切りするのも同等の感覚になったというか

ほんと普通に
エントリー後に思惑外れたら切ればいいだけじゃん?
思惑通りなら利食いすればいいだけじゃん?
って思うようになってきました。

思うようになってきたというか、
冷静に振り返ってみると、
普通にそう思ってる自分がいる!って気づいた^^

先週うまく説明ができない・・・と言いつつ書いた
チャートとの向き合い方今昔
の発端になった質問に対する違和感について考えてて気づきました。

あの質問は
ロングするかショートするかの見分け方
つまり、
これから上がるか下がるかをどう見分けたらいいかを知りたい
という内容だと思ったんですけど

私は、トレードしているときって
上がるか下がるかを 見分けてエントリーを決めている わけではなくて

そのとき、チャートの形や経験や勘やもろもろの情報から
上がる可能性 > 下がる可能性 と判断し、かつ
エントリーすべきところだと判断したからロング(逆も同様に)しただけで
上がると見分けられたわけではない。

そして、「見分ける」のと、「判断する」のは微妙に違うんですよね、私の中では。

私がロングしたところで「結果的に」プラスになった・利食いできたから
上がると見分けられたんでしょう? と思われてるのかなと。

私は、上げ下げの可能性と、そこでリスクテイクすべきかどうかを判断してエントリーしているだけで
結果がどうなるのかはエントリーするときには分かってないし、見分けられてるわけでもないし、
そんなの事前に分かるわけなくない?とも思います。

結果どうなるか、については
先に書いているような
あきらめの境地から現在に至る心境の通りで

なんていうか、すべて受け入れてるから
あんまり気にしてない感じですね。


なので、チャート・値動きを

「これから上げるか?下げるか?」という見方はしていない
これから上げるか下げるかを「見分けよう」としているわけじゃない

んですよね。

なんだろう、
「見分けようとする」のは、やっぱりどこかで確実を求めているからかも・・・。


tag : FX トレード 値動き チャート

手取り100万FX 7月17日目の結果

2010-07-23-15:51
手取り100万FX 7月17日目の結果は、

獲得: 22pips
トレード回数: 1
勝率: 100%

15時~トレード
ユロドル ショート1回

15時前の急落は何だ?と思ったら

スペインのエル・パイス紙が
「ストレステストで、いくつかの貯蓄銀行(Caja)が不合格となった」と報じた

らしく、また
ストレステスト公表の時間を予定より前倒しするかも?なんて話もあるみたい。

ロイターより↓
欧州ストレステストの結果発表時間めぐり情報錯そう


突発的なニュースで動かれるのって、ちょっと怖いから
今日はもうトレード終了にしておきます!


7月も残り1週間ですね。

これまでって今頃の時期は、
早い人は夏休みに入る(からポジ調整の動きがある)
なんて言われてなかったっけ?
それは8月だったか?

tag : FX トレード ユーロドル

手取り100万FX 7月16日目の結果

2010-07-22-17:06
手取り100万FX 7月16日目の結果は、

獲得: 36pips
トレード回数: 2
勝率: 100%

16時~トレード
ユロドル ロング2回

今日は暑すぎて、とうとうクーラーを入れました。
でもクーラーは体がだるくなるから好きじゃないんですよね><


ところで、家庭菜園のトウモロコシが
カラス(多分)にやられてしまいました。

でも驚いたのが
すごくきれいに全部実をほじくって食べてるだけじゃなく
芯がひとつの場所にかためてあったんです!

貝塚!?みたいなw

うちの親は激怒してましたけど^^
私は妙に感心しちゃいましたw

tag : FX トレード ユーロドル

手取り100万FX 7月15日目の結果

2010-07-21-16:46
手取り100万FX 7月15日目の結果は、

獲得: 33pips
トレード回数: 3
勝率: 100%

15時頃~トレード
ユロドル ショート2回 ロング1回

16:00頃の急落びっくりですね!
注文ミスから生じたとか何とかってニュース出てましたけど
びっくりさせすぎ!!

ポンド円がいきなり急落したんで
なんとかショックか!?ってヒヤッとしましたよ~><


そういえば、昨夜のガイヤで冒頭にsarahさん出てましたね。

なぜか父親が「今日のガイヤは見ておけ!」と言うので
久々に見たんですが、sarahさん出てきてびっくりしましたw

スペインの経済状況が深刻そうでしたね・・・

でも一番気になったのは、ゴールドの自販機!
日本に設置されたら見に行きたいw

tag : FX トレード ユーロドル

手取り100万FX 7月14日目の結果

2010-07-20-16:26
手取り100万FX 7月14日目の結果は、

獲得: 64pips
トレード回数: 4
勝率: 100%

15時~トレード
ユロドル ショート2回 ロング1回

1.30超えでそのまま伸びるかと思いきや
失速しちゃいましたね。

あぁそれにしても暑い・・・

ところでNHKの「ゲゲゲの女房」

先週、漫画賞を取ってから貧乏神とおさらばして
一気に仕事の依頼が増えて、
今週はプロダクション立ち上げの話に。

ほんと単純なんですけど^^
必死の努力をしていれば報われる
チャンスはおのずとやってくるんだ
と胸を熱くしながら見てます☆

tag : FX トレード ユーロドル

手取り100万FX 7月13日目の結果

2010-07-19-16:30
手取り100万FX 7月13日目の結果は、

獲得: 33pips
トレード回数: 3
勝率: 100%

15時~トレード
ユロドル ショート3回

なんか下げると見せかけて(?)
いきなり上がっていきましたね。
危ない危ない、怖い動き方しますね。

アイルランドの格下げ に対しては一瞬しか反応しなかった・・・?
もうユーロ圏の格下げのニュースには、おなかいっぱいなんですかね^^

tag : FX トレード ユーロドル

チャートとの向き合い方2

2010-07-19-16:25
どんさんとTさんからの質問
どうもありがとうございます。


今日の記事に書かれている、

 これから上がるのかな?下がるのかな?という見方

 ここは上がる可能性と下がる可能性のどちらが高いか、という見方

の違いはよくわかりません。
前者は、上がるか下がるかどちらかのバイアスをもってチャートを見ている、ということですか。



上がるか下がるかバイアスを持ってチャートを見ている、のがニュアンスとして合ってるかと思います。
うまく説明できないんですけど

上がるか下がるかでチャートを見ているときって
上がると思った から ロング
下がると思った から ショート
って短絡的に行動に結びついていて、
上がるか下がるかの二者択一で見ている。

思惑と反対方向への動きも、一応想定はしているけれど
どこかで「それは起こらない」と考えていて

上がると思ったら上げることしか考えられない
下がると思ったら下げることしか考えられない

という感じかな・・・。

で、
上がる可能性と下がる可能性のどちらが高いかという見方をしている

と言葉で言うと、前者との違いがはっきり浮き彫りにならないな・・・とは自分でも思うんですが
実際の質は全然違う、世界観が違ってる感じなんですよね。

なんかでも、それをどう説明すれば伝わるかが今はよく分からないんです・・・。

確かゾーン

トレードで勝つには、これから何が起こるかを知る必要はない

というようなことが書いてあったんですが、
まさしくその通りで、

これから上がるか下がるかを知ることが勝ちをもたらすわけではない
だから、上がるか下がるかという発想でチャートを見る必要はない

という前提でチャートを見るようになると

上がる可能性と下がる可能性のどちらが高いか
で見るようになった
そう見てるよな~って実感したって話なんです。




最近、「確率」なんだろうなぁ。と思うようになってきたのですがひるとんさんは確率で考える・見るようになることで、エントリタイミングが改善された。(勝てるエントリタイミングがわかった)それとも、エントリをする、しないという判断が変わったのでしょうか。(ムダなエントリが激減した)大きく変化があったのは、どういう点でしょうか?


上記の
トレードで勝つには、これから何が起こるかを知る必要はない
ということを理解・納得した というのが大きな変化です。

その根本の理解が変化したから、
エントリータイミングを改善できたり
無駄なエントリーをしなくなった、というのが正しい表現かな。

勝てるエントリタイミングが「分かった」というのはちょっと違いますね。

勝てるエントリータイミングやポイントっていうのを分かる必要はない
ということが「分かった」

ので、適切なタイミングを考えることができるようになった
という流れです。

tag : FX トレード

チャートとの向き合い方今昔

2010-07-18-22:03
チャートとの向き合い方について昔と今で変わったことを
つい最近も実感しました。

値動きの見分け方について質問されたんですが

具体的には、私がショートをしたところで
質問者さんはロングを考えてしまい損切りになることが多い。
そこを見分ける方法を知りたい。
という内容だったんですが、

なんか反射的に「ん?」と違和感を持ったんですよね。

その違和感が何なのかな~と考えていたんですが
まだうまく説明できないんですけれども

まず、

これから上がるか下がるか
ここではロングすべきかショートすべきか

を見極める・見分けるのは神様じゃないと分からないんじゃない?って反射的に思ったんですよね。

もちろん、ここは上げそうだな。下げそうだな。っていう直観とか値ごろ感っていうのはありますよ。
でもそれは絶対じゃないし、
単に上げそうだからロング、下げそうだからショートっていうような
トレードをしているわけではない。

トレードで継続して勝つのは
これから上がるか下がるかを当てることではない
と私は思っています。

というか、そう思うように、思えるようになった
だから勝てるようになれたのではないかなと思います。


チャート・値動きを見ているときも
これから上がるのかな?下がるのかな?という見方はしていないです。

昔は、そういう見方をしていましたが、
それでは勝てずに負けていました。

今は、

上がるとしたら・・・
下がるとしたら・・・
ここは上がる可能性と下がる可能性のどちらが高いか?
可能性が高いほうに賭ける(エントリーする)=リスクを取るべきところか?

という見方をしています。

これが絶対的に正しい見方だとは思っていませんが
少なくとも、
私が負け続けていたところから勝てるように変わったのは、
このチャートとの向き合い方が変わったから
が大きな理由のひとつだと思っています。


これは、値動きを
絶対とか確実とかではなくて
確率で考える・見るようになった
ということだと自分では思ってます。

tag : FX トレード チャート

月収と枚数ルール

2010-07-17-16:53
Oさんからの質問
どうもありがとうございます☆

私は月に100万以上なんて夢の世界ですが、何とか大人1人が
暮らしていけるギリの分だけでも稼ぎたい・・そして、段々と余剰資金を作りたい、やがては月に50万くらい稼ぎたい・・そういう願望、目標があります。



FXで月に50万稼ぐのと、100万稼ぐのって、
トレードに慣れてきたら、さほど感覚的には違いがないと思いますよ。

100万と1000万だとさすがに違うと思いますが^^


夢のまた夢だ、と思っていると、それは
「自分には無理だ。」って言い聞かせてることになるんじゃないのかな~と思うので

月に100万稼げるようになれるだろうか・・・なんてことは極力考えない。
無視!無視!にしておいて

月に100万稼ぐには何をすればよいだろうか
だけを考えるほうがいいと思います。

考えるのや口に出すこと、紙に書くことは無料ですし^^

何をすればよいか?と考えるときは前向き思考になってる感じがありますが
稼げるだろうか・・・?と考えるときは、ほとんどの場合、後ろ向き思考で自己卑下になりがちじゃないかな。

と自分の過去を振り返ってみると
そう思います。



そこで質問なんですが、パリスさんが5万でスタートした時、通貨はいくらだったのでしょうか?1万通貨ですか?それとも1000円単位からですか?
5万に対して1万だとちょっとキツイと思ってるんですが、パリスさん
はどうだったのかお聞きしたいと思いました。



私は、5万円に対して1万通貨の枚数ルールでやってます。

※これはレバ規制前の話です。
2010年8月以降のレバ規制からは変更します。
元手に対して証拠金が20~30%で考えたルールです。


1000通貨ではトレードしたことないですね。
そもそも口座を持ってないです^^

1000通貨単位のトレードを否定しているわけではないですが

デモだと本気になれないから
少なくてもいいから身銭を切るほうが勉強になる
だから1000通貨でトレードしてみる

というのだと、私は個人的にはどうかな?って思います。

それは自分に対する甘えを捨て切れていないだけなので
安定・継続して勝てるトレードスキルを身につけることには
ならないだろうと思います。

月に5万円程度のお小遣い稼ぎに徹していて
計画的に1000通貨トレードをすると決めているのならOKです。


5万円に対して1万通貨がキツイと思うのであれば、
もっと枚数を減らしてトレードすればいいと思いますよ。

私は、枚数をいろいろと変えてトレードしてみて
そのときの資金の増減に対して感じる感覚を元にして
ちょうど自分に取ってバランスが取れているのが
5万円に対して1万通貨だったので、そのルールにしただけです。

このルールは、人によっては
リスク取りすぎと思う人もいるだろうし、
もっとハイレバでいけば?と思う人もいるだろうとは思います。

自分が継続してメンタルを保てる、冷静さを失わずにいられるだろう枚数っていうのがあると思うので、その枚数でトレードするのが一番勝ちやすいですよ。

で、大抵の場合は、枚数が多すぎ=ハイレバすぎることにしか目が向かないと思うんですが
逆に、枚数が少なすぎるのもメンタルに悪影響なので、そこは注意してくださいね。

枚数を少なくすれば、それだけ損失を抑えることにはなりますが
利益も抑制されますので、勝てたとしても

こんなに頑張ったのに、金額これだけ・・・?

って気持ちになります。

そう感じると、変に焦りを生みますから、
無謀・衝動的トレードを引き起こす確率が高まります。

なので、
一攫千金狙いの無謀レベル と
損失にビビリすぎてる怯えたレベル の
どちらでもない

中間のバランスが取れた
冷静さを保てる かつ 勇気を持って実行できるレベル
というのを自分で探してみてくださいね。


tag : FX トレード

手取り100万FX 7月12日目の結果

2010-07-16-16:35
手取り100万FX 7月12日目の結果は、

獲得: 48pips
トレード回数: 3
勝率: 100%

15時~トレード
ユロドル ロング1回 ショート2回

昨日ユロドル1.28が見えてきたねって書いたら
軽やかに突き抜けて1.29乗せてますね!

もう1.30が見えてますが、どうなんだろう・・・
夜にタッチしに行くか、それともまた突き抜けてくか?

tag : FX トレード ユーロドル

手取り100万FX 7月11日目の結果

2010-07-15-17:42
手取り100万FX 7月11日目の結果は、

獲得: 49pips
トレード回数: 3
勝率: 100%

15時過ぎ~トレード
ユロドル ロング1回 ショート2回

ユロドル1.28が見えてきましたね。

ストレステストの結果公表って来週だっけ??
それまではダラダラ上げる感じなのかな・・・

何かイベントがあってスコンと下げたりして・・・なんて気持ちがどうにも払拭できないんですよね。
夏は、なんとかショックが起こるんじゃないかって恐怖が刷り込まれてるのかな~^^

tag : FX トレード ユーロドル

手取り100万FX 7月10日目の結果

2010-07-14-17:24
手取り100万FX 7月10日目の結果は、

獲得: 33pips
トレード回数: 3
勝率: 100%

15時~トレード
ユロドル ロング1回 ショート2回

今日は安易な逆張りポジを取ってしまったのを反省><


昨夜はユロドル一直線に上昇してってますね。

昨日は分かりやすい動きだったと思いますが
ここ最近のどっちつかずの動きに慣れちゃってると
つい疑心暗鬼になって乗れず、悔しい思いをすることって
よくありません?

私は、なぜ200pips動いてるところで
30pipsしか取れてないのか?w
ま、夜はトレードしてないんだけどさ。


さすがに昨日1.25前半つけたあとに
1.27超えまで一直線で戻すとは思ってもみなかった・・・


が、しかし、
なぜそんな動き方になるのだ?とか考えてもしょうがなくて

それが相場というものだ

って受け入れて、それまでの動きに影響されずに
素直に目の前の値動きに乗るしかないですよね~。


昨日「ま、いっか。」精神で生きてますと書いたくせに
今日は愚痴っぽくなりましたw

tag : FX デイトレード ユーロドル

パリス昼豚の5万円FX
パリス昼豚の手法をまとめた「5万円FX」をトレコミュ協力で販売することになりました☆

詳細はこちら↓↓↓
パリス昼豚の5万円

5万円FXに関するご質問・お問い合わせはこちら↓まで。
5FXmail.gif
5万円FX購入後の内容に関する質問については、このブログでは受け付けておりません。上記アドレス宛にメールでお願いいたします。
また、限定ブログのQ&Aコーナーに同様の質問がないか先に確認をお願いします^^

******************
購入後のファイル解凍について
詳細はこちらの記事
******************
プロフィール

Author:パリス昼豚(ひるとん)
2006年7月にFXを始めました。
元手:20万円で。

・・・が、損失が膨らみ、追加・追加で投入資金は
合計:115万円

現在(2006年11月)
23万円にまで減ってしまい・・・。
マージンコール(強制ロスカット)は3度経験しました。←おバカ

★2008年1月追記
2007年は当然のように・・・ 2月上海ショックと8月サブプライムの暴落にやられて撃沈してました・・・。

暴落で必ずやられる=ショートが苦手であることに気づき、ロングもショートも同じこと!同様にポジを取れるように頭を切り替えるように努力したんですけど・・・

根本的な原因は『損切りできない』おバカちゃんである!ということです(←分かってるなら損切りしようよ)

2008年は小額資金でコツコツ増やしていくトレードにいたします☆

★2009年3月追記
なんとかコツコツトレードを続けた結果、ようやく損した投入資金を取り返すことに成功~♪ 何かが見えてきた!というか自分が分かってきた?!

FXブログランキング
ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします!
ブログ内検索
メールフォーム
お問い合わせ・ご質問などはこちらからどうぞ。 頂いた質問はブログ掲載することがありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
過去ログ
Myバイブル
カテゴリー
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
お気に入りリンク
※現在、相互リンクは受け付けておりません。
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。