スポンサーサイト

-----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期目線

2016-09-08-18:46
※リンク先についてのコメントくれた方、どうもありがとうございました!


FXをやる目的って、誰が何と言おうと・・・

●お金稼ぐこと。

ですよね?


稼ぎたい額は、それこそ億万長者!から毎月少しでもお小遣い☆
って人それぞれですよね。

でも共通して言えるのは、
一発ドカンと当てるんじゃなくて
長期的に稼ぎ続けたい
ってことですよね。

ビギナーズラックで一回ドカンと稼げることもありますけど
資金が豊富じゃなければ、FX卒業ってほど稼げないでしょうし、
ドカンとやられちゃったら意味ないですし・・・


少しずつでも、FXで長期的に稼げるようになる = 安定
というのがポイントです。

安定して稼ぐには、トレード手法・資金管理・メンタル・・・いろいろ課題は
あると思うんですけど、まず大切なのって

●長期目線

なんじゃないかと。


確かにFXって、お勤めするより、早く大金を稼げる可能性って
大いにあるんですよ。うまくいけば・・・ですけど。

でも、どんな職業でもそうだと思うんですけど、
 簡単に 手っ取り早く 成功するっていうのは、
ほとんど有り得ない話なんですよね。



聞いた話ですが、
ピアノを楽譜を見てちゃんと弾けるってレベルになるには
おおむね1000時間くらいの練習が必要だとか。

1000時間っていうと、
1日5時間練習して、200日
1日2時間練習して、500日
かかることになります。

ずっと独学だと、もっとかかるかもしれないけど・・・


FXも同じじゃない?って思うんですよね。
勝てるトレードスキルを身につけるには、
1年や2年の練習期間・下積み時代があって当然!
くらいに考えておいたほうが、って。

人それぞれですけど、努力次第でその下積み期間って
短くできるのは事実です。
下積み期間で利益の出せるトレード手法がちゃんと身につけば、その後の収益は確実に安定します。

FXだと安定が、予想以上の「高め安定」だったりするのがミソです^^




「夢で見たよりもっと成功できると思いなさい。私もそうだった。」

 by チャンピオントレーダー マーティ・シュワルツの言葉
スポンサーサイト

ツキが落ちる=感覚狂う

2016-02-13-14:14
自分に合っていないことを無理してやると、感覚が狂う
感覚が狂うことをやると、なんか物事がうまくいかなくなる=ツキが落ちる

「儲けたい」で頭がいっぱいだと、自分に合っているかどうかより、「それ楽に稼げる?」って基準で選択しているから、常に感覚が狂っている状態…いや、よりどころとなるべき感覚が養われていないって言うほうがいいかな。

ということは、常にツイテナイ状態ってことか!


私の場合は、
利大を狙うのが性に合わない→負けにつながる
って分かってるので

5p抜きはするけど、200pとか狙うのはやらない(できない)

かといって、利小狙いが誰にでもうまくいく方法だとは全く思ってない。


そう、勝ち続けられるかどうかって何度も書いてますが、

自分に合ってるやり方なのかどうか

が最重要で、

●自分に合ってるやり方を、
●淡々と、粛々と、継続していく

ただそれだけなんですよね。

それが 一貫性がある ってこと。


トレードだけじゃなく、どんな職業でもそうだと思うんだけど、外から見てると、華やかなところとか、おいしいところだけにフォーカスしがち。

でも、実際やってみると、いろんな大変なことやしんどい部分って何にでも絶対ありますよね。

一貫性が持てない人っていうのは、華やかなところだけしか見てなくて、自分のモノにするまでのしんどさを乗り越えるガッツが足りないんだと思う。

まぁ、
それはちょっと・・・?って苦労を延々と背負い込み続けるのも、それはそれで違うと思うけど。


そこは客観的視点が必要になりますね。




tag : FX トレード

継続して習慣化する

2015-11-22-17:25
待つことができない
焦らないようにするにはどうすればいいか?



えと、率直に言いますね。

待てない とか 焦る のは
根本的なトレードへの向き合い方の心構えが違うから。

目先の勝ち負け、平たく言うと、目の前のお金を追いかける
そういう心構えでトレードしているから。

それだと、待てない のも 焦る のも普通のことです。

なので、根本的な心構えを変えない限りは
どっかで暴発するのは普通・当たり前に起こると思います。


私も人間なんで、勝てば嬉しいし負けたら悔しいって
感情は味わいながらトレードしてますが

根本的には、

安定・継続して稼ぐトレードスキルを身につける

と決めてやっているので、

勝ったときも負けたときも、そういう感情よりも

なぜ勝てたのか?なぜ負けたのか?
チャート・値動きはしっかり見れていたか?
シナリオの描き方が甘くなかったか?
冷静に決めたことを行動に移していたか?
ポジ保有中にどんな感情が湧き上がっていたか?
その感情によって自分がブレたりしていなかったか?

・・・などなどのプロセスを分析することに
脳みそのキャパのほとんどが振り分けられてるんですよね。


もちろん最初からガラッと脳内処理が変わったわけではないですよ。

でも、毎日、
勝ち負けより、正しい行動を継続するんだと言い聞かせて
そう行動するようにしていくうちに
お金っていう結果もついてくるようになったので

余計に、

やっぱり正しい心構えで、正しい行動をしていれば良いんだ

と考える気持ちが強化されていき
脳みそのキャパが自動的に上記のようなプロセス分析処理でいっぱいになっていったわけです。

そして余計に結果も向上してきてくれた、というだけですね。



心構えっていうのは、
何かをすれば一瞬で変わるようなものではないと思うので

常に意識しながら、
その心構えから外れるようなことは戒めるのを
『継続させる』

継続すればするほど、確実に変わっていくんじゃないのかなと思います。

ま、習慣化するってことですかね。



tag : FX トレード

ボラ低下と裁量トレード再び

2014-08-31-21:09
ボラが低下しても、通用する手法ですか?
ユーロドルだけしかトレードしないのですか?


と定期的に質問がきます。
基本的には以前書いた記事と考え方は変わっていません。

ボラ低下? 裁量とは 前編
ボラ低下? 裁量とは 後編

が、最近のボラを数字で出してませんので、2013年・2014年を調べてみると、
確かにボラが低下してるなと感じるのかもしれません。

でも、「ボラが低下したから手法が通用しなくなる」とは考えませんね。
考えない…というか、今でも私は「手法が通用しなくなる」とはどういう意味で言ってるのかなぁ?と疑問に思っています。
どうも、裁量トレードとシステムトレードの区別が曖昧の人がこういう質問をしがちのようだという気はしていますけど。

5万円FXの手法は順張りの裁量トレードなので、
トータルで勝てるようになるかどうか、勝ちが継続できるかどうかは、
その人の上達レベル次第です。
基本的なやり方・狙い方、ルールは書いてありますが、それは基本的な見方というレベルの話であって、
マニュアルを読めば誰でも勝てるようになるとか、
マニュアル通りにトレードすれば皆同じエントリー&クローズになるといったものではありません。
裁量トレードですからね。

なので、「通用する手法かどうか?」という質問に対しては、
「それはあなた次第です。」としか答えようがないと私は思うんですよね。

また、「ボラが低下した」という環境変化に対して、
それにフィットするように柔軟に対応するか、
今はトレードすべきでない、と判断して休むか、
それはトータルで勝つためには、自分に取ってはどっちが賢いやり方なのかを考えるしかないし、

ユロドルだけトレードするのか、他の通貨ペアもトレードするのかに関しても、
「自分が」勝ちやすいのはどちらなのか?が問題であって、
それを見極めるために自分と向き合い検証をしていくしかないことだと思います。


で、トレードが特殊な仕事と言うわけではなく、
(何も生産していない・社会貢献していないというよく聞く批判は、ひとまず横に置いといて)

「ボラが低下しても、通用する手法ですか?」という質問は、
起業を考えている人なり就活している人なりが、「不景気でも、儲かる仕事(業種でも業界でも)ですか?好景気のときしか通用しない会社ではないのですか?」と聞いているようなものだし、

「ユロドルしかトレードしないのですか?」という質問は、
「なぜ業種を1つに絞るのですか?」と聞いているようなもので、
「選択と集中」VS「多角経営」はどちらが儲かりやすい経営方法なのか?
と聞くのに類似していると私なんかは思っちゃうんですけど、いかがでしょうか。

tag : FX トレード ユーロドル 検証 チャート

ありがとう、また気づきをもらったよ

2014-03-01-23:30
やや話題遅れな感もありますが、言っておきたい。
浅田真央選手のソチのフリー、すごくすごく美しくて素晴らしかった!

演技後のインタビューで、前日のSPのことに言及して
「取り返しの付かないことをしてしまった」と言ってたけど
そこからどう気持ちを切り替えたんだろう?
切り替えできるから浅田真央なのかな、やっぱり?

私、過去のトレードで何度も頭の中が真っ白になる経験はあったけど、
きっぱり切り替えできたことなんてないわー。
自暴自棄になるばっかりだったわー。


で、森元首相がひどい発言したらしいですね。
「あの子は大事なときにいつも転ぶ。」って。

いやいや、クリントン元大統領にハウアーユーと間違えてフーアーユー?って言った人が言うことちゃうやろ!
と突っ込みましたけど、
浅田真央選手のそれに対する返答にも、頭が下がりました。
その返答の中の心を打った言葉。

「私も人間ですから失敗はする。」

確かバンクーバーのときにも書いた覚えがあるけど、
どれだけ練習しても本番でミスしてしまうことはある。
だからもっともっと練習して完璧な演技が出来るようになりたい。
と言っていた浅田真央選手。


そう、違いはここじゃないだろうか?

毎日毎日、一生懸命に練習する。
その積み上げがあるからこそ、失敗を認められる。受け入れられる。
失敗を謙虚に受け止めることができるから、気持ちを切り替えられる。

必死で練習してなければ、「人間だもの、ミスをする。」のは言い訳にしかならないし、自分をごまかすことになる。
自分をごまかしている間は、謙虚に失敗を受け止めることができないし、自分自身にも向き合えていなくて、堂々巡りか負のスパイラルに陥るしかないんだろうな。


トレードも、検証・検証・検証!練習・練習・練習!につきるんですよ、やっぱり。

tag : FX トレード メンタル 検証

2014年 現状分析から

2014-01-31-23:19
あっ!?という間に1月が終わっていてびっくり。
と月末に毎度驚いている最近の自分に2度びっくり^^

2014年は良いスタートを切れたでしょうか?
私は、まぁぼちぼちです。
今年のトレードも、いつも通りに慌てず騒がず淡々と続けようと思っています。

2014年こそ勝てるようになるぞ!と決意した方々に朗報です。
自己啓発系で聞いた話ですけれど、

ビジネスにおいて成功する方法は成功者の数だけあるが
うまくいかなかった人にはすべて共通点がある
のだそうですよ。

トレードも同じで、
勝ってる人のやり方は千差万別だけど、
負けてる人・勝てない人には共通点がありパターンがある。

ということは、必勝法を求めてさ迷い歩くよりも、
現時点で自分がなぜ負けているのか?勝てないのか?をとにかく掘り下げることが第一歩のはず。

負けてる人共通のパターンに自分もはまっていたと認識できれば、
そこから一足飛びに勝てる人にはなれなくても、
少なくとも、脱・うまくいかない人にはなれるのではないか。

そのためにも、過去の自分のトレード履歴を見返す・見返す・見返す!
まずは現状の自己分析から始めてみませんか。

tag : FX トレード 検証

原点はありますか

2013-11-30-19:14
物事がうまく行かなくなったり、煮詰まったりしたときに

■原点に戻れ(戻ってみよう)

と誰かに言われたり、自ら言い聞かせてみたりすることってありますよね。

この「原点」とは何ぞや?って話なんですけど、
トレードで勝てるようになる人・ならない人を考えてみると
「原点」がしっかりしているかどうかがひとつの要因に挙げられるな、と。

「原点」を「夢」や「希望」と言い換えてみると分かりやすいと思います。

夢や希望を叶えられる人とそうではない人と
トレードで勝てるようになる人・ならない人とは
おそらく多くの共通点があります。


FXに興味を持ったのはなぜか?
そんなのお金が欲しいから!に決まってますよね。

最初の何も知らない段階だと、
一攫千金ウハウハ~♪と欲望全開で妄想に浸ることもありますが、
実際にトレードを始めてみたら、そんな甘いモンじゃなかったって
普通は気づきますよね。

ここで、妄想レベルの夢や希望から抜け出して、具体的・現実的に考える。
きちんと具体的・現実的に考えれば、自分の軸とか芯とかは定まってくるはず。
それが自分の原点になるんですよ。

でもそこで、そのまま深く考えることもなく検証作業をすることもなく、
いつまでも欲望に振り回されているのは、
妄想レベルの夢や希望に浸っているだけなんですよ。

つまり、しっかりした原点が定まっていない。

原点が定まっていないから、うまくいかないときに立ち戻るべき場所がない。
だから、うまくいかないままの悪循環から抜け出せない。



しっかりした原点はありますか?


心構えによって見え方が変わる

2013-10-27-13:13
検証!検証!検証!と私はしつこく言い続けていますが、
そうか、心構えが違うと検証も意味を成さなくなるのかぁと思ったこと。


トレードで再出発したときというのは、気分も異なるので、
忠実にルールを守ろうと意識しているし、
トレード後の検証でも、ルール通りに出来たかどうかを考えることが出来ています。


でも、例えば1週間か2週間か負け続けたとします。
大きく負けたわけではなくて、トントンに近い状態だったとしても、
段々と気持ちが追い込まれてくるのが普通の人間。


そうすると、ルールを守ることよりも、勝てるかどうかで頭が一杯になり、
考えることも、

どこでエントリーすればもっと多く取れたかとか、

もっと我慢すれば利が伸びたとか、

自分がエントリーすると「必ず」反対にいく!とかの被害妄想だったり。



トレードを振り返って、こういう考えしか浮かばなくなっているときは、
もうそれは検証作業とは呼べません。


チャートは、どこの誰がどんなトレードしているかなんて関係なく、動き続けているだけです。


しかし、心構えや意識が少し違っただけで、
チャートや値動きの見え方はこんなにも違ってしまうわけです。

そしてもちろん、結果にも雲泥の差がつきます。


心構えや意識っていうのは、ある日突然、一変するものではありませんから、

トレード再出発時の
少し緊張しつつも謙虚な気持ち、
冷静にありのままを見ようとする意識、
今どういう心構えでいるのかを常に自分に確認する、

トレードの結果に関係なく、毎日、それを確認することを習慣づけるといいと思います。


唯一絶対の正解なんてない

2013-05-26-20:09
トレードに関するやり取りをしているときに
あれ?普通に答えればいいのに、なんで躊躇するんだろう?
と感じることがあるんですよね。

私は普通に聞いてるつもりだったんですが、聞き方が怖かったのか?と悩んだこともありましたが、どうやらそうではなさそうで^^

突き詰めて問い正したわけではないので、私の勝手な予想ですけども、
おそらく私の質問に対して

正解があると考えている
だが、自分が考えていることが正解かどうかは分からない
というか、負けてるから正解じゃないんだろうな~これ言ったらバカにされちゃうかもな~
どうしよう、なんて答えよう・・・

みたいな感じで返答を躊躇して、言葉を濁している。のかな、と。

このタイプの人に共通するのが、
・ここでエントリーしたのですが、これは正しかったですか?
と質問してくることが多く見られるんですよね。

どこでエントリーしようと、正しい・間違ってるなんて無いし、
判断基準は、自分の手法・ルールにおいて、そこはエントリーポイントなのかどうなのか?でしかないし、
裁量トレードであれば、基本的な手法は同じでも細かい点では人それぞれだし、
同じ人間でもその日の体調とかによって変わってきたりもするから、

正しいのかどうか?という考え方は、それ自体がおかしくない?と私は感じます。

正しいのかどうか?と考えるということは、
正解が存在すると考えている・前提としているわけで、
それはすなわち、いわゆる「絶対」があると考えることに通じているんじゃないの?
というのが理由です。

「絶対がある」と考えるのは、「確率的に考える」ことと根本的に異なっているので、その思考を根本的に変えないとトレードで勝てるようにはならないのでは?と思います。


こういうの、教育とかTV番組とかの影響もあるのでしょうか?
大抵のクイズ番組って正解がありますよね。それに慣れ親しんでいると、○か×かの思考=絶対があると考えるようになりがち?

暗記中心の教育も基本は○か×かですよね。
「絶対の正解なんてないよ、確率的に考えないと」と言うのは、
暗記中心で生きてきた人に、「創造的になれ。独創的な見方をしろ。」と言うようなもんだろうか。
独創的っていきなりはちょっと・・・てか、独創的って具体的にはどういうことでしょうか?になるのかな。


まぁでも、確率的思考も慣れですから、まずは、トレードにおいては唯一絶対の正解なんてないんだよ、ということをしっかりと自分に言い聞かせて考えを改める必要がありますよね。


tag : FX トレード メンタル

客観性

2012-11-30-18:25

トレードで勝つ・勝ち続けるための要素はいろいろあると思いますが
その中のひとつに

・自分を客観的に見つめられる視点を持てるかどうか

があると思います。

トレード中に、自分がいかに感情的・衝動的になっているかを
引いた目で見られるかどうか、
分かっちゃいるけど~の障壁のひとつですよね。


ま、客観性はトレード中だけではなく

自分のトレード履歴を振り返るとき、自己分析をするとき、
過去チャートを見返すときなどにも
我欲を通した色眼鏡で見ていないかどうか
という場合も重要なんですけどね。


トレード中はどうしたって「儲けたい欲」と「損したくない欲」に目がくらみがちなので
客観的な視点を持つというのは、なかなか難しい問題ではあります。

でも、常に「客観性を失っていないか?」と自問自答する
それを習慣にする必要があると思いますが

まぁなかなか大変ですよね。


しかし、最近、あれ?これ使えるかも!?と思う
いいもの見つけちゃったんですよ♪


実は私、チェーンスモーカーだったんですが、禁煙に成功しまして
禁煙し始めてから1年半くらいが経過しました。
が!
禁煙とともに見事に10kg太りました・・・。
口寂しくて、ずっと何かつまんでいた上に、ほとんど動かない状態で。

これじゃあいかんと、いろいろ運動などを始めていたんですが、
紆余曲折を経て、最近ジョギングを始めました。

超初心者だしダイエット目的なので、ランニングじゃなくてスロージョグなんですけど
効果的に脂肪燃焼されてるのか疑問だったので、いろいろ調べた結果
この心拍計を買ってみました!




世の中って知らない間に本当に進化してますのね~♪

まだ昨日使ってみただけなんですけど、
私の心拍数はちょっと走っただけですぐ上がる!
トロトロ走ってるのに、心拍数はかなり上がっていたり
へぇ~! と えぇ~!? を繰り返してました^^

こういう客観的な数字で見せられると、新たな発見があって楽しいですよ~。


で、話が長くなりましたが
この心拍計、もしかしてトレード中にも使えるかも?と。

ちゃんと測れるか試してないから分からないけど
トレード中に感情的になってドキドキしてきたら、
心拍数も上がるはずですよね。

トレードするときに、この心拍計をつけて常にチェックするようにしていたら
感情的・衝動的になっている自分を把握しやすくなるんじゃないかな?!
それをきっかけに、客観性を持つことにつながるかも!?

なんて思いました^^

tag : FX トレード メンタル 検証

なぜか追加入金

2011-07-03-18:04
後悔先に立たずって言いますけど

ほんと今になって昔のトレード履歴を見直してみると
自分でもびっくりすることがあるんですよね。

そのうちのひとつが、


なぜここで入金したのか?



ついつい損切りできなくて塩漬けしてたら、MCになりそうで追加入金しちゃいました・・・。

ってのは理解できるんですけど、
(でも、それをやる前にさっさと損切れ!と今なら思うけど)


まぁまぁ勝ってるときに、なぜか出金せずに追加で入金してることがあったんですよね。


一体なぜ??

って考え直してみたら、


口座残高が崩れるのが怖かったから。



例えば、30万円くらいで始めて、どうにか100万円の大台に乗ったあと
ちょっと負けて100万円を切ると、それが怖いのか嫌なのか、
とにかく
100万円を切ったら入金してた・・・みたいな感じで。


今なら、30万が100万になったら、即座に50万出金して
50万円でトレード再開しなさいよ!って厳命するけど、

昔は何を考えていたのか、とにかく増やさないといけない!
何があろうと減らしちゃダメだ!みたいに思ってた(思い込んでいた)時期があった模様。


減らしちゃダメだ!って考えていたのは、
トレードに関する判断基準が『金額』に拠っていたという証しだし、

トレード資金=元手は、たくさんあればあるだけ有利なはず
と勘違いしていた証拠なんですよね。


今思うと、

そんなことよりも、なぜもっと 資金管理 や リスクについて
真剣に考えようとしなかったのか?? と
自分を問い詰めたくなりますが

欲に駆られてるときは周りが見えなくなっているので
問い詰められても、説教されても
おそらくすぐに目が覚めることはなかっただろうな・・・なんて思いますw

tag : FX トレード 損切り 資金管理 リスク

5~10pips勝つのは薄利なのか

2011-05-28-18:40
sabukuraさんのコメントより一部抜粋
どうもありがとうございます。

すると、勝率は自分でも信じられないぐらいに上がりましたが、
1回あたり、およそ5~10pips獲得なんですが、薄利なんでしょうか。



まず、
勝率は単独で見てても意味が無くて、
勝率と損益率のバランスを見ないとダメですよね。

で、
1回あたり、およそ5~10pips勝つのは薄利なのかどうか?ですけど

単純にPIPSの絶対値だけで考えれば、
100p取ってますという人と比較すれば
そりゃ5~10pは薄利になりますよね。


でも、損益率という意味を考えながら言ってるのであれば、

もし1回当たり負けの平均が▲3pなら、
5~10pは薄利ではない(損益率は割りと高いから)
と言えることだってできると私は思いますし、

逆に、1回当たり負けの平均が▲200pとかで、
1回当たり勝ち平均が100pだったら、
上記例より大幅に損益率が低くなるので、

この場合、果たして
100pも取ってるんだから利大で、
5~10pは薄利 と言い切れるか?

私は疑問に思います。


獲得PIPSの絶対値が大きいのは、一見すると確かに
すごいな、大したもんだな、とは思いますし

大きければ、大きいほど良さそうな、すごいトレード・良いトレードを
しているように感じますが
(すごいor良いトレードなんてものがあるのか?という疑問はあるにせよ)


私は、
自分に合ったトレード・スタイルが一番勝ちやすいし、継続できる
と思っているので

1回当たりの獲得PIPSだけを見て、
それが大きいかろうが小さかろうが
別に・・・だから何? と感じます。


トータルでどうなの?
どういうスタイルでやっていて、
そのスタイルで考えると、そのPIPSはどうなのか?

としか思わないですね。



で、気になるのが

1回あたり、およそ5~10pips獲得なんですが、薄利なんでしょうか。

という文面からは、
1回あたり、およそ5~10pips しか 獲得できていないんですけど・・・
というニュアンスを私は感じるんですよね。

しかし、直後に

今のところ、一日平均+10pips、月+200pipsを目標にしております。

と書いてある・・・。

1日平均10p目標なら、
1回当たり5~10pips獲得できていて、
勝率も大幅に上がったのであれば
ほとんど問題ないじゃない??何を悩んでるんですか?
と思うんです。


ドカンをやらかしてしまいそうな不安があるから?とは思いましたが
コメントで、以前は、
取れる時は一度に+20pips以上取れましたが、勝率が低く、結果、±0ぐらいでした。
とあるので、コツコツドカンはやらかしてないはずですよね。

だったら何が問題なのか?? と考えてみたところ

私の勝手な推測ですが、

今現在の私の日々の成績と自分を比べてるからでは?
と思いました。

以前も書きましたけど、
比較すべきは過去の自分と今の自分であって
他人がどうとかは本当にどうでもいいことだと思うし

参考)
 向き合うのは自分自身
 向き合うのは自分自身2
 


ちょっとえらそうな発言になってしまうかもですが
私は現在の成績が出せるようになるまで数年かかってますし
頭に小さなハゲ作りながらも、必死こいてやってきた時期を経て
やっとこさ、今の状態になれてきたわけで

最初からうまくいったわけでもないし、
ちょろっと試行錯誤しただけで、楽々と稼げるようになれたわけでもないですよ。

手取り100万の成績ではなく、5万円FX損益記録を見ても、
現在とは全然違うの分かると思いますし。

なので、
今の私の成績を見て、それを自分と比較して、
なんていうか
自分を卑下したり、自分で自信を持てないようにしてたり
もしもそういうのであれば、

ちょっとそれは・・・
段階を踏まずに一足飛びに何でもできる(できるようになるはず)
と考えてしまっているのでは・・・?と思います。

tag : FX トレード ユーロドル 利大 薄利 勝率 損益率

負けてるときはトレード回数が多い?

2011-02-27-20:00
勝ってる日 と 負けてる日 を見てみると
負けてる日 のほうが 圧倒的にトレード回数が多い

これ、一読すると、なるほどそうだよね と思えなくもないですが


※暗に
 エントリーを吟味せずに手を出しすぎていて、やられた
 と示唆している?



私は正直言うと

トレード回数が多いからダメ 負ける原因

と結論付けるのは、ちょっと短絡的じゃない?と思います。


私の場合、
小幅レンジで細かく抜いていくスキャルが得意だったのもあるので

むしろ、

トレード回数が多い日のほうが勝ててたりする
集中してチャートを見てトレードしていた証拠

逆に、トレード回数が少ない日は
苦手な相場(一方向のトレンド相場w)で
手が出せなくて、指くわえて見てただけ とか

チャートに集中してなくて
よそ見しててエントリーすべきところしてなかったので
トレード回数が激減してた


なんてことは普通にあったんですよね。


なので、

勝ち日と負け日のトレード回数を単純に比較して
回数多いからダメトレードをやっている

とは一概に言えない と私は考えます。


もしかすると、
勝ち日は、単に値ごろ感でエントリーして放置してたら利が乗ってた♪

だけかもしれないし

負け日は、手法・ルール通りにちゃんとエントリーしてるけど
たまたま手法が通用しづらい相場の動き方だっただけ・・・

かもしれない。

こういうの深く分析せずに、単純に
トレード回数が多いのはダメだ
って考えてたら

逆に、
チャートを前にしたらいろいろ考えすぎちゃって
エントリーできずに利を逃してしまい
焦り始めて冷静さを失い
そこは遅すぎるよってところでエントリーしてしまってやられる・・・

そして余計に焦ってメンタル崩壊

なんてことに陥る危険性がありますからね。



トレード回数を分析の基準にするのであれば、

手法・ルール通りにトレードしていたとしたら
この日のトレード回数は、だいたいX回になっていたはず

それに対して実際は、Y回トレードしていた

このX回とY回の比較をするのがまず1つ


次に、勝ち日・負け日で分類してみたらどうなのか?

本当に
勝ち日はXとYにそれほど差がないのに
負け日は大幅にY>Xになっているのか?

を見ないといけないと思います。


X回が分からない・出せない場合は
手法がまだあやふやな状態ですから、
この時点では
トレード回数が勝ち負けの要因とは考えられないよね。

tag : FX トレード 検証 手法 チャート

向き合うのは自分自身2

2011-02-24-18:07
向き合うのは自分自身 への
S沢さんからのコメント
いつもありがとうございます^^

僕もエントリー後に+5pips位で待ちきれず利確したあと、ドーンと動いて待てば2、30pipsは取れてたのに…とか思う事がよくありました。
で、しっかり待たないからいかんのだ!と思って粘ってると今度は反転してストップにかかる事が増えたんですね。



そう、ここなんですよ!

日々の検証作業とか、自分と向き合うことをあまりしてないときって
そういう風に、

「待てないからいかんのだ」→ メンタルの問題なんだ
とだけ考えてしまい、

単に 耐える だけになる

結果、損切りビンボーになったりして、
なんだよもう!と手法探しに明け暮れる・・・みたいな
負のスパイラルに陥ることが多いと私は思いますね。


待つ のと 単に耐えるだけ っていうのは違いますからね。

待つ のは、
どこまで待つべきか、待たざるべきか(切るべきか)の
判断基準を自分なりに持っている、のが前提ですから

そういう判断基準がないのに、ただ待ってみるっていうのは
待つ じゃなくて、耐えてるだけ なんですよね。

それだと結果がついてくるかどうかは、
神のみぞ知る になっちゃう。



なので今度はエントリーはルール通りだけど利確はMAの傾きの変化と価格表示をガン見して裁量で決めるって事を徹底してるとかなり向上しました。もちろん徐々にですが^^

逆に言うとうまくいってないときはルール通りやることを意識し過ぎて、それさえやれてれば良いみたいな感じで、エントリー後のチャートの変化に深く注意を払ってなかったのかなと思いました。

あと伸びるのをなぜ待てないのかその時の心情を振り返って考えてると自分のメンタルが弱いというより、5分後どうなるか解らんから不安で薄利決済しちゃってるなと思ったんですよね。そこもチャートの見方を強化するよう心掛けてからは冷静な判断で待てるようになってきてる気がします。


そう、
とにかく目の前のやるべきことに集中していれば
勝ち負けや損益に一喜一憂することはなくなるし

自分が手法・ルール通りに正しく行動しているか?

のほうに目が向くっていうか、頭がそれでいっぱいになってくるので

その状態を継続させていれば、
結果はついてくるようになると思うんですよね。



ちなみに「他人の成績はどうでもいいこと」とおっしゃってますが僕的にはパリスさんの日々のトレード時間と成績を見たあとは、後で過去チャートと照らし合わせて、「エントリーはここか?」とか「ああ、ちゃんと見方を養えばこれくらい取れてたのね」とか色々考えられるので有益だと思っていますよ^^


あ、これはですね
本当にどうでもいいじゃん ってことではなくて

他人の成績を気にしすぎるあまり
自分のやるべきこととか、努力の方向性がズレちゃう危険性を
ちゃんと分かっておかないといけないですよ

って意味です。

勝ててなくて焦ってて、基礎固めがまだ不十分なときって
手っ取り早く稼げるようになりたい って欲望のほうが強いから

自分と向き合うことより
他人と比較することに主眼を置きがちなんですよね。


ある程度、自分のやるべきことに集中できるようになってて
自分は自分 人は人
でも人のやり方・考え方も、
参考として取り入れていけるところはそうしよう

って客観的に、引いた感じで聞ける状態であれば
問題はないと思います。

でも、人の成績が気になってしょうがないような状態
羨望と妬み半々で気にしてしまうような状態だと

それは自分のやるべきことに集中できてない証拠だと思うから

他人の成績なんてどうでもいいじゃん ってことです。

tag : FX トレード 手法 チャート 検証

向き合うのは自分自身

2011-02-23-22:46
Kちゃん さんからの質問
どうもありがとうございます。


私も、ユーロドルをメインでやっています。
FX暦は2年になりますが、飛ばした額は150万になります。
昨年の11月くらいから、とんとんが続き、飛ばすということが無くなってきましたが、なかなか伸びない状況です。

ブログを拝見すると、昼豚さんと同じタイミングエントリーしているときが多いのですが、利が伸ばせません。
少しずつでも伸ばせるメンタルをもたないといけないな・・と思うのですがこれも訓練なのでしょうね^^;
 
以前の記事を読んでいると、だんだんと伸ばしてきたとありますが、何か自分のなかで、きっかけとかはあったのでしょうか・・・・

なかなかつかめない自分に苛立ちを覚えることが多く、(そんなときはトレードから離れるようにしています)あせります。

自分で、何かが変わったと思うことがあった瞬間がどんなものだったか、教えていただければ幸いです。



変わるのは、一瞬で とか 短期で起こることではないと思いますよ。
少なくとも私の場合は、
数年かけて
今の状態に徐々に徐々にスキルアップしてきました。

最初からトントン拍子でうまくいったわけではないです。


変化が起きるには、
確かに最初は何かの きっかけ があるとは思いますが

実際に自分が変化するのは
継続して努力し続けた結果ではないでしょうか。


で、ここ↓が気になるんですが

ブログを拝見すると、昼豚さんと同じタイミングエントリーしているときが多いのですが、利が伸ばせません。
少しずつでも伸ばせるメンタルをもたないといけないな・・と思うのですがこれも訓練なのでしょうね^^;


本当に今直面しているのは
メンタルの問題なのかな・・・?という気がします。

というのは、
私と同じ時間帯でトレードしていたとしても
私と同じような成績にすることが、
勝つ・勝ち続けるためのスキルを身につけることではない
と私は考えるからです。

例えば、同じ時間帯で同じ通貨ペアを見てトレードしていたとして

Aさんが1回のトレードで30p取ったからといって
BさんがAさんと同じようにする必要はないですし

Bさんにとってストレスが少なく、継続してトレードできるやり方と
Aさんにとってのそれは異なるのが普通だと思います。


仮にBさんにとってはスキャルが自分に合っているやり方であれば
10pずつ3回とか、5pずつ6回取れば合計30pになりますよね。

ま、全勝しなくてもトータルで30pにすればいいだけですけども。


常々書いてますけど、
勝つ・勝ち続けるスキルを身につけるには
私を含めて他人の成績がどうだとかは
どうでもいいことだと思います。

あくまで、向き合うべきは自分自身だけ

だと私は思います。


Kちゃんさんが、今、利を伸ばせないと考えているのは
私の成績と比較したら、そう思える
というだけではないでしょうか。

今日のチャートを見返してみて、今日トレードしたところは
自分の手法で考えると、
本来は利を伸ばすべき・待つべきところだったのに
早く決済してしまっているのか?

再度、仮想トレードをやってみたら、
実際のトレードと成績は変わるのか?
同じようなポイントで決済しているのか?

今日トレードしたところのチャートを見て、
利を伸ばすことが本当に自分に取っての課題なのか?

単に、決済後に伸びたから
利を伸ばせなかった・・・と後悔しているだけはないのか?

もし、今日の動きが決済後に逆行していたとしたら
どう感じただろうか?

といったような検証を日々繰り返して、自分と向き合うことで、
徐々にスキルアップしていくしかないと私は思います。



ちなみに、私の場合は
今日トレードしたチャートは、
夜に時間があれば夜に、疲れてたら次の日に
そのチャートで仮想トレードと、全体の見直し

週末に再度、その週の分のチャートで仮想トレードをして

実際のトレードの成績と比較していました。


それをやらないといけないってことではないですし
人それぞれのやり方で検証していけばいいと思いますが

正直、

過去チャートで自分のトレード履歴を振り返ったり
検証や自己分析をする作業に関して

なんていうか、
あまりきちんとやってないんじゃないかな・・・
と感じることがよくあります。

極端に言うと、今日トレードしたとして、

今日のチャートは後でざっくり見るだけで、
天井や底とかを見て、

ここでトレードしてたら、このくらい勝ててたはずなんだな~
そういう調子でやってれば勝てるんだよね~
明日も頑張ろう

みたいな感じ?

そういうのだと何の検証にもなってない・・・
結論は常に メンタル強化 と言い出すだけなんじゃ・・・
と私は思います。


過去チャートは

リアルの動きを想像しながら、
実際に自分はこの動きに翻弄されずに冷静さを保ててるかな?
とかを考えながら、
もっと丁寧に見ていかないといけないと思います。



なかなかつかめない自分に苛立ちを覚える とのことなので
とりあえず、

チャートをもっと丁寧に見てみる のを

いつもの倍くらい、しばらくやってみてはどうかなと思います。

tag : FX トレード 手法 チャート 検証

1000通貨でリアルトレード再開は

2011-02-19-23:05
リアルトレード開始はいつ?

デモだと本気になれないから
小額でもいいから1000通貨とかで自分のお金を投じて
トレードしたほうが勉強になる

という考えには私は賛同しないです。

に対して頂いたコメントの一部抜粋

「1000通貨でもリアルで」という考えの方は、
「検証やデモでうまくいっても、いきなりリアルで大きな
枚数張ったりせず、最初は小額で自分の感情の動きを知ったほうがいい」
という意味で仰ってる場合もあるのかと思います。



どうもありがとうございます。

1000通貨でもリアルでやるほうがいい という考えを
否定しているわけじゃないんですよ。

私が、1000通貨でリアルはどうかな・・・と思うのは

トレード始めたばっかりとかじゃなくて
既にトレード経験がある程度あって(1年以上とか)

でも全然勝てていない
痛い目には何度もあっている
調子に乗ったことも何度もある

失ったお金は結構痛いと思うレベル(すぐには準備できないくらい)で

なんとかしてトレードでリベンジしたい
失ったお金を取り戻したい

と思っている人で

できればFXで生活できるくらいの金額を稼ぎたい
と思っている人

というのが前提です。

間空けたりとかしてなくて
1年以上トレードしていて、

ある程度、一周したっていうのかな
ほとんどのことは経験していて

相場の怖さもおもしろさも分かってきていて(自分でそう思えていて)

ちゃんと自分を律して、素直にやれば
勝てる可能性はあるんだよね

と自信過剰じゃなく、思えてる状態の人

であれば、

やるべきことっていうのは、自分で分かってるはず
と私は思うし

それまでのトレード経験から
相場に対峙したときに、

自分がどういう感情を持つか
どういう感情に支配されたり、流されたりするか

は分かっていると思うんですね。

なので、
準備を整えていない状態で
枚数減らしてリアルトレードをやる必要性は
あるかないか?と言ったら

それは

ないんじゃない?
リアルでトレードしたい欲望に負けてるだけでは?

と思います。

散々痛い目に合っているのに
今ここで欲望に負けていたら
前進するどころか、後退してしまうのでは?

と考えます。

というのは、
枚数を減らして1000通貨に落としてリアルをやったとすると

負けたときの絶対額は
以前より、おそらく減りますよね。

以前は常に1万通貨でトレードしていたとして、
それを1000通貨に減らしたと仮定します。

例えば、
1万通貨のとき、損切りできず塩漬け傾向があり
ドカンやらかしたときは、大体
5万円~10万円くらい損失出してたとします。

大体、▲500p~▲1000pで泣く泣く切ってる感じ。
(ちょっとやりすぎな例だけどね^^)

それを1000通貨に減らした場合
ついやらかしてしまったときに

以前と同じように▲500p~▲1000pで泣く泣く切るか?
塩漬け傾向を払拭したトレードができるか?

というとですね

最初の気合い入れてるときなら、早めの損切りするとは思うけど
しばらくすると、以前の悪い傾向・負け癖が出てくるのが
普通だと思うんですよ。

ま、そこを乗り越えて自分を律していかないといけないんだけど
1回でそれガラッと変われる人は、そうはいないと私は思います。

心機一転やるぞ!と思ってから
数十回くらいは、何かしらやらかすもんじゃないかなと思う。

やらかす頻度と打撃度は少しは抑えられてるだろうけど
やらかしてしまうこと が ほぼ無くなる
のは、かなり先の話なんじゃないかと。

私はそうでした^^


で、前の例に戻ると
1000通貨に落としてリアルやったときに

以前と同じように▲500p~▲1000pで泣く泣く切るか?
塩漬け傾向を払拭したトレードができるか?

というと

おそらく、やらかしてしまうことがあると思うんですけど
そのときに

▲500p~▲1000pで1000通貨は
5000円~1万円の損失になるので

1万通貨でやってたときの、5万~10万円の損からすると
かわいいもんだって思うと思うんですよね。

実際は、かわいくも何ともないんだけど^^
負けてるときっていうのは、

自分に甘くなる
自分を正当化したがる
運命が好転するのを期待しがち

が一般的な感情だと私は思うので

ついつい、

まだ5000円しか負けてないんだし
もうちょっと粘ったらどうにかなるかも

なんて、そのときに限って
PIPSではなく金額で考えてしまうのが普通なんじゃない?
と思うんですよね。

これって、心機一転!と思ったにも関わらず
ルール破りを自分に許してしまってますし

以前より、PIPSで考えたら
塩漬け傾向を強めているだけなので

安定・継続して勝てるスキルを身につけることから
どんどん遠ざかっていくと思うんですよね。

気づいたときには
心機一転!と思ったときより
もっと後退して、かけ離れてしまっている自分に嫌悪感・・・
自信喪失 相場ムカつく!

みたいなことになりかねないし

時間だけは無常に過ぎていってしまってるから

余計に、
損したお金 と 時間 と 自信 を取り返そうと
焦ってドツボにはまってしまうのではないかな。


というわけで、私は
とにかく1000通貨でもリアルでやるほうがいい
とは思わないですね。

tag : FX トレード 損切り 手法 検証

目標

2011-01-29-22:51
昨日はトレード無し
夕方帰宅してから疲れて寝てしまった・・・

アジア杯の3位決定戦見ようと思ってたのに
気づいたときには後半40分くらいだったw

パクチソンが韓国代表を引退するそうですね。

で、
日本VS韓国戦はしっかり見てたんですけど
(遅いけど川島最高!!)

その試合中のキソンヨンのサル顔パフォーマンスが批判されてるとか。

私は
韓国で今そういうギャグが流行してんのかな?
くらいに思ってたんだけど・・・

私、平和ボケなんですかね・・・




自己啓発本などに、

目標は具体的に紙に書いて、何度も読み返すと現実化する

というようなことがよく書いてありますよね。


私は大昔、自己啓発本に一時ハマってたことがあるので
そのまま実行して試してみることが多かったんですが

目標を紙に書いて朝晩読み返してみたり
欲しいもののスクラップブック作って眺めてみたり

などをやっていたことがあります。

それをやっていて本当に目標が現実化したかというと・・・


確かに今になって目標達成したことが多くあるのは事実だけれど
実際に、目標や願望が実現するのは


自分が目標について
意識しなくなった・忘れた頃に
達成できるようになっていた

と思います。


なんでだろうな~とちょっと考えてみたんですが
おそらく

目標を読み返していた頃って
現状の不満と、不満解消したい欲望とで
頭がいっぱいで

それを 目標 に置き換えていただけ。
こうだったらいいのにな~って理想の状態を
目標と呼んでいただけ。

なので、
目標を現実化するために
すべきこと・やるべきこと には
全然頭を使えていなかったし、

それを考えていなかったから
具体的な行動に移せるわけもなく。

目標を唱えるだけで達成できるほど
世の中甘くないんですよね。当たり前だけど^^


かといって、目標を紙に書いたり唱えたりすることが無駄なわけではなく

目標というか自分がこうなっていたいという理想の状態を
何度もしつこく自分に刷り込ませていると

目標を現実化するための情報やヒントのようなものに対して
アンテナを張る状態になっていたように思います。

そういう情報やヒントに触れると
実際にどういう行動すればいいかが分かってくるので

行動してみる → 何かしら結果が出る → 検証する

という具体的作業を経験することになります。


私の場合、
こういう具体的作業に没頭し始めてから
目標を意識しなくなった

全く意識しないわけではないけど
頭を使うほとんどを、目の前の具体的作業に振り向けていたので
結果的に、目標について意識しない・あまり考えなくなってた

のだと思います。


目標を紙に書いて~~ってところから
具体的作業に没頭するところで
一度アク抜きされたような感じですね。

具体的作業をするようになって、
そのまますぐにうまくいったわけではなくて
紆余曲折はありましたけどね。

tag : FX トレード

目的地と現在位置

2011-01-22-21:22
トレードで継続して勝つ・勝ち続けるための要素っていうのは
いろいろありますが

まずは、
自分に合った トレード・スタイルを知る
のが必要だと思います。

この「トレード・スタイルを知る」のって、
どういうトレードをしていくのか?
ということなので、いわば目的地だと思うんですよね。

目的地が分かれば、そこに至るまでに必要なことっていうのも
分かってきますよね。

例えば、その目的地が近所のコンビニだったら、
スッピン普段着ツッカケで財布直持ちw
とかでも大丈夫かもしれないけど

目的地が富士山の頂上だったら
登山用の装備や、それなりの脚力・体力って必要になりますよね。

まさか
Tシャツ・短パン・サンダルでふらっと行っとく?
なんてことは考えないですよね(多分w)


気をつけたいのが
トレード・スタイルを知ることと
それが「自分に合ってるかどうか」を知ることは
ちょっと違うという点。


目的地が明確になれば、
準備すべきこと・やるべきことも明確になってくるのは確かなんですけど
目的地だけ がはっきりしてても片手落ちだと思うんですね。

目的地と共に、今現在の自分の位置っていうのも明確にしないと、
最初の一歩をどう踏み出すのかが分からないと思うし、
目的地に至る途中段階になるサブゴールっていうのが分からないと思うんです。


目的地が富士山頂上だったとして
例えば大阪に住んでる人だったら、ひとまず北(北東?)に向かえばいいけど
北海道に住んでる人が北に向かっても富士山には辿り着かないよね。

ま、ずっと北方向へ進み続ければ地球1周して辿り着けるかもしれないけど^^
普通の人なら「何かが間違ってる!」って途中で諦めるか
悶々として悩み続けるだけになりますよね。


こういう具体例だと
有り得ないよね、ってすぐに分かりますけど
トレードをやっていく上では
北海道に住んでいるのに、富士山を目指している!と言いつつ
北へ進路を取ってるような人って結構いたりするんですよね。


トレードで自分の現在位置を知るっていうのは
現状の自分の実力レベルやクセなどを把握するのが主ですが

現在位置を明確にしていないと、

自分の目指すトレード・スタイルを実現するために
今の自分に必要なスキルは何か?課題は何か?
が分からないまま(深く考えることもなく)

とりあえずデモをやるとかチャートを見てみるだけになってしまい
結果、勝ち負けに一喜一憂するだけで堂々巡りになるのだと思います。

tag : FX トレード 手法

確率

2011-01-16-21:42
上げ下げは五分五分
上げるか下げるかの確率は50%

とよく聞きますよね。

私はこれに関しては同意できるんですが


上げ下げ を予想して当たる確率 は50%

だと、それは違うんじゃないかな・・・と思います。


コイン投げて裏・表が出る
サイコロ投げて奇数・偶数が出る 

のと、

裏・表どっちが出るか 予想する(予想して当てる)
奇数・偶数どっちが出るか 予想する(予想して当てる)

のとは、全然違う話ですよね??


で、確か脱アマだったと思うけど林輝太郎さんの本で

予想が高確率で当たると豪語する人がいたので
その日の日経平均が、高く引けるか安く引けるか予想してもらったら
全然当たらなかった

あまりにも当たらないから、前場の動きを見てOKにして
前場終了後に、その日は高く引けるか安く引けるか予想してもらったら
少し改善したけど、それでも当たる確率が20%か30%かだった

という話がありました。

似たようなことを、新マーケットの魔術師 でも言ってるトレーダーがいました。

ごめん、名前誰か忘れたし、内容もうろ覚えなんだけど^^

何も準備とかせずにトレードしてても勝率50%にはなると考えるのは間違い
大抵は勝率はもっと低くて、20%や30%になるのが普通

というようなことを言ってました。


正直、私はこれを読んだときに
コツコツドカンで負けてはいたんだけど
勝率だけ見ると高かったから、

私の予想ってすごいんじゃん♪♪

なんて悦に入ってましたw

が、冷静に考えると

損切りせずに塩漬けしてて薄利決済ばっかりしてたら
そりゃ勝率だけは上がって当然だわね

としばらくして気づいたわけですが。
バカですね~



で、仮想トレードの要領で、時間軸の異なるチャートで、
次のローソク足は陰線か陽線かを当てるゲーム
をやってたことがあります^^

次の足じゃなくて、3本先とか、5本先とかもやった。

私の場合は、
短い時間(5分足や10分足)だと当たる確率が高いんだけど
日足に近づくにつれて、段々と勝率悪くなってました。

そこで、
やっぱり私は短期のデイトレ・スキャル向きなんだな~
とか思って、
自分のトレードスタイルが自動的に決まったんですけど^^


ちなみに、上げ下げだけではなく
「分からない」を入れると
勝率はどの時間軸でも上がりました。

分からないときは手を出さないのが重要なんです^^


でも、そこから一歩踏み込んで(?)
真面目に勉強・練習していくと

時間軸が違っても、抽象化して考えたら
チャートのパターンっていうのは似たものなんだから

仮想トレードで
短い時間軸のチャートで勝率高いけど
長い時間軸だと勝率低い
っておかしいよね・・・と感じました。

実際のリアルタイムでトレードやってるんなら
勝率違うの分かるけどね。


私なりの結論は、

長期で値動きを予想して当てるなんて無理無理!
短期なら、ある程度可能

と自分で自分にバイアスをかけていただけ。

ってことじゃないかなと。
単に勉強不足、浅い思考しかしてないって話もあるけどね。



何が書きたいのか、自分でもよく分からなくなってきましたが^^


ちょっとした思い込みやバイアスで
結果が大きく違ってくる

それが人間

なので、
客観的事象としての確率と
自分の脳みそや心理というフィルターをを通して出てくる確率
というのは別物だ

ってことかな。ひとまず。

tag : FX トレード 確率 チャート

勝率とポジポジ病

2010-12-30-18:12
zumさんのコメント
どうもありがとうございます。

「5万円FX」を購入して3ヶ月でデモトレ中のzumと申します。
安定して勝率を上げることが本当に難しいなと感じ、
昼豚さんの安定した勝率は本当にすごいことだと
最近になってより強く思います。
(まだ3ヶ月のぺーぺーですが・・・)
あわてずに毎日学習して、リアルトレードで安定した勝率に
できるようにしたいと思います。
(まだ負け始めるとポジポジ病が出てきます><)



ご購入どうもありがとうございます^^
ところで、
5万円FX購入以前からFXは始めてました?
それとも、
FXに興味を持って、まだトレードはほとんどしてないときに
5万円FXを購入しました?


私はFXを始めた当初の、ほとんど何も分かってなくてトレードしていた頃の成績が
典型的なコツコツドカンで

ドカンでトータル負けてるくせにw
勝率が高いことに自負みたいのがあって

自分の読みというかセンスというか
そういうのに変な自信があって、

損切りさえ徹底できたら、私は余裕で勝ててるはずなんだ

と思ってたんですよね。

その後、チャートパターンやテクニカル、資金管理もろもろの勉強をしてからも

勝率を高くすることが出来る、それは私の強み
という思いは消えることなく持ち続けていて

でも、その勝率を高くキープするには
短期で利小狙いって条件付き
という弱みも分かっていたので

今の5万円FXのスタイル、手法に落ち着いていったんですね。


なので、勝率が高いことはすごいわけではなくて
もともとそういうトレードが自分に合っていたってだけなんです。

その代わり、利小・薄利で決済しちゃってますから
負けトレード・損切りをいかに回数、PIPSともに減らせるのか?
が大きな課題になるんです。

で、
いかに負ける回数と損切りPIPSを減らせるかに取り組んで
結果がついてくるようになると

負けを小さくするスキル、テクニックが身についてきて
それと共に心理的にも余裕が出てきますから
より安定した成績をキープできるようになり

それを継続していくうちに、よりスキルアップしてきて
その結果、損益率も高くなってきました。


もし、5万円FX購入以前に、数ヶ月か数年かトレード経験があるのであれば
そのトレード履歴を振り返って
勝率を高くすることにこだわる(こだわらざるを得ない)損小利小のスタイルが
本当にあっているのかどうか、自分に向いていそうかどうか
の自己分析はしてみてください。

トレード経験はほぼ無いところから5万円FXのやり方に取り組んでいるのであれば
私の日々のトレード成績は気にしないほうがいいと思います。

最初から、負ける回数も損切りPIPSも抑えるトレードは
正直、出来ないと思います。

まずは手法・ルール通りに機械的トレードを必ずやって
どういう結果になって、どういう心理状態になるかを
把握すれば、

損小利小のスタイルが自分に合っていそうかどうかは
分かってくると思いますので。

同時に、安定した勝率を出せるようにすることが
本当に取り組むべきことなのかどうかも分かってくると思います。


また、昔書いたかもしれないけど

ポジポジ病は、
トータルの結果がマイナスだったら悪い病気と言われるだけで
これがトータルプラスだったら、スキャルの成功例と言われる

と私は考えているので


トータルマイナスだったから、

ポジポジ病のせいで負けた・・・
ポジポジしないようにメンタル鍛えないと・・・

みたいな思考をしているのだとすると、
ちょっと分析が甘いと私は感じます。


私は、
ポジポジしちゃうこと自体は
別に誰でもそういう傾向・指向はあるよね?
ポジポジすること自体が悪いわけではないでしょ?
と思っています。

私自身がコツコツドカンの典型だったので
基本的にポジポジしたがりなんですよね。

でも、私の場合は、たまにやるドカンが足を引っ張ってて
それは、損切りを受け入れられてないのが原因だったわけで
ポジポジしちゃうことが原因で負けてたわけじゃないんですよね。



zumさんは、負け始めるとポジポジ病が出てくる
とのことですが、

おそらくその文章から想像すると

負け始めると焦り・イライラから、適当なエントリーをして
損失を増やす結果になることが多い

ってことかなと思うんですけど


負け始めてイライラし出したなってときに
サッサと手を引いて、トレード終了する
気分をリフレッシュできてからトレード再開する

のが一番良い方法だとは思うんですが

まぁね、それが最初からできる克己心を持ってる人は
そんなにいないよねw

私も、カッとなって甘いエントリーしてた時期はありますけど
とりあえず発想を変えて

イライラして攻撃的になってる自分をまず肯定して

ポジポジしちゃっても大損害を被らないようにする
下手な欲を出さずに、
1p抜きとか、何回やったらor何時までやったら止めるとかルールを決めてやる

負けてイライラしてポジポジするのは
ストレス解消のため、と割り切ることを覚える

そのため、負けを取り返せなくても、
損害を拡大させなかっただけ自分最高と気持ちをアゲていく


なんかそういうことをやっていくうちに
自分なりに、負けてるときのメンタルに対処することを
学んでいったような気がします。

なんていうかな、カッとなってポジポジしても
大惨事にはならずに逃げ切れる自信みたいのが出来てきて

それに慣れてくると、冷静に、

今ポジポジしても、良くて微益で時間の無駄だし
ここでサッサと切り上げて、TVでも見てストレス解消したほうがいいわ

と思えるようになりました。
克己心が最初からあったわけではないです。


それ以外では、
「負け始めると」ポジポジ病になるのだと

発症前の一連のトレードのときに、

チャンス逃した、あそこで入ってたら取れてた
みたいなことが割りとあって

次は絶対いくぞと決めてエントリーしたら負けて・・・

とかじゃないのかな、という気がしました。

もし当たっているとしたら、
今の自分が手法・ルール通りにやったら、どんな成績になるか検証をちゃんとやるのと
最初は勝ち負けは気にせずに手法・ルール通りに機械的にトレードすることを身につけるのが必要だと思います。

機械的トレードするのが身についてない段階の
チャンス逃した とか
今の様子見して正解 とか

そういうのは、メンタルを不安定にする要因だと思いますので。

tag : FX トレード 手法 スキャル

パリス昼豚の5万円FX
パリス昼豚の手法をまとめた「5万円FX」をトレコミュ協力で販売することになりました☆

詳細はこちら↓↓↓
パリス昼豚の5万円

5万円FXに関するご質問・お問い合わせはこちら↓まで。
5FXmail.gif
5万円FX購入後の内容に関する質問については、このブログでは受け付けておりません。上記アドレス宛にメールでお願いいたします。
また、限定ブログのQ&Aコーナーに同様の質問がないか先に確認をお願いします^^

******************
購入後のファイル解凍について
詳細はこちらの記事
******************
プロフィール

Author:パリス昼豚(ひるとん)
2006年7月にFXを始めました。
元手:20万円で。

・・・が、損失が膨らみ、追加・追加で投入資金は
合計:115万円

現在(2006年11月)
23万円にまで減ってしまい・・・。
マージンコール(強制ロスカット)は3度経験しました。←おバカ

★2008年1月追記
2007年は当然のように・・・ 2月上海ショックと8月サブプライムの暴落にやられて撃沈してました・・・。

暴落で必ずやられる=ショートが苦手であることに気づき、ロングもショートも同じこと!同様にポジを取れるように頭を切り替えるように努力したんですけど・・・

根本的な原因は『損切りできない』おバカちゃんである!ということです(←分かってるなら損切りしようよ)

2008年は小額資金でコツコツ増やしていくトレードにいたします☆

★2009年3月追記
なんとかコツコツトレードを続けた結果、ようやく損した投入資金を取り返すことに成功~♪ 何かが見えてきた!というか自分が分かってきた?!

FXブログランキング
ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします!
ブログ内検索
メールフォーム
お問い合わせ・ご質問などはこちらからどうぞ。 頂いた質問はブログ掲載することがありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
過去ログ
Myバイブル
カテゴリー
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
お気に入りリンク
※現在、相互リンクは受け付けておりません。
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。