スポンサーサイト

-----------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メシマズ嫁から学んだ

2013-07-09-12:02
最近、ネットで知ったメシマズ嫁。知ってます?
既婚者の男性が、嫁さんの作るメシがいかにまずいかを語り合ってるらしいんですが、まとめサイトとかで爆笑しながら読んでみました。・・・が、途中であまりに気持ち悪くなってきて、段々と笑えない(ワロエナイ…)状態になりました。

オリーブオイル or 酢 or ヨーグルト or メープルシロップなどを何にでもかけるとか・・・なぜなの?
お米を洗剤で洗った人は昔聞いたことがあって仰天したけど、オロナミンCとかアクエリアスとかで米を炊くのはなぜ?
鮭が半生の生臭いクリーム煮で旦那さんと子供が寄生虫にあたったとか、なんでそうなる?
ハツカ揚げって・・・ハツカ大根の揚げ物かなぁ?なんて思いながら読み進めた私がバカだった。

隠し味が隠れない。 ←いや、意味がちょっと分からない
目分量がすげぇ量。 ←味見したら分かるでしょうに
火加減がいい加減。 ←常識的に、何回か作れば適度な加減は分かるはずじゃ??

いや、もう、なんで?なんで?なんで?なぜそうなるの??と頭をグルグルしてました。
私は家事の中で一番料理が好きじゃないので(台所が汚れるから)えらそうなことは言えませんが、それでも料理するときはレシピ本の通りに作ったり、常識の範囲内でのやり方で作れば普通の味のご飯(フツメシと呼ぶそうです)になりますけど・・・なぜ?


それがなぜか分かったんです。虚栄心の問題なんだと。


↓↓↓(いろんなサイトから引用してきて元がどこだったか失念)↓↓↓

何にでもオリーブオイルをかける嫁にやめるように言っても、
それが「自分のカラー」だから捨てたくないんだとさ
他人の作った料理に対して、
あの人の料理は自分のカラーができてないから、まだ未熟ね、フフフ

味覚崩壊料理の原因は、なんとなくで思いつきの隠し味追加とか、我流の味付けや食材の組み合わせのようです

料理が下手な人間は妙な工夫をする
レシピ通りに作ればいいだけなのにね

料理の上手い人は、なにをどれぐらい入れればどうなるか、なにが足りないか、を感覚的に分かる人。
下手な人は、思いつきで調味料をブチ込んで味見をしない。

苦手だと自覚してる→レシピどおり作る
得意だと錯覚してる→レシピは参考程度で作る

「レシピ通りにつくるだけなんて愛が足りない 」と言う
下手な奴って大抵初めて作るものに変な自己流アレンジ加えちゃう

学ぶ姿勢
間違いを認める謙虚さ
ミスを修正する勤勉さ
これらが欠けていては上達は絶望的なんだよな


つまり、
レシピ通りに作ったこともないのに、いきなり自己流アレンジを加えて、自分のオリジナル料理を作ろうとしていた!
それも味見をせずに、その場の思いつきで、誰もやったことないような調味料やハーブを加える!

=基礎もなってないのに、自分だけのオリジナルスタイルにこだわって、訳分からんことをやらかしている


で、何が言いたいかと言うと、
これね、そっくりそのままトレードが上達しない人に当てはまるんですよ。

トレードについての相談メールを受けていて感じていたことなのですが、
最初は相談するような感じでメールを送ってくるんだけど、こっちの言うことはほとんど聞いてないって言うかスルーされて、挙句に、自分はこういうテクニカルを表示してこういう感じでやってるんです!とチャートを添付で送ってきて、どうですか?と聞いてくる人がチラホラいるんですよね。

こういう感じでトレードしてるんですが、こういうところでつまずいてて~みたいな話じゃなくて、単にドヤァな感じで、えーと何を伝えたいの・・・かな?と思うような人がいるんですよ。

で、正直に、私はこのチャートに表示されているテクニカルは使ってませんので、この手法が有効かどうかは分かりません。バックテストしてみた結果はどうでしたか?と返信すると、そのまま音信不通に・・・。
たくさんテクニカルを表示しているので、これはどういう風に使ってますか?これは?と返信してみると、いまいち不明瞭な返事しか返ってこずに、なんとなく音信不通に・・・。

今まで、あれって何だったんだろうなぁ・・・??とモヤモヤしてたんですが、
なぜメシマズ嫁はマズメシを作り続けるのか?が分かったときに、
あぁ!あれも同じ心理だったわけね!と理解できたんです^^

トレードでも、基本的なことや基礎になることをしっかり勉強したり検証したりせずに、最初から自分だけのオリジナルスタイルにこだわってるだけだったのかと。
それってトレードの目的が、勝つ・勝ち続ける=稼ぐことではなく、自分の虚栄心を満たすことになっちゃってませんか?

まぁ、自分だけのオリジナルスタイルが完成すれば、イコール稼げてるはずだよね。と思ってるのかもしれませんが・・・
料理と同じで、トレードで勝つのも奇をてらったりせずに、当たり前のこと・普通のことを、普通に淡々と毎日毎日やり続けるだけなんですよ。といっても、漠然とやるだけじゃなくて検証作業はきちんとやる必要がありますよ。

メシマズ嫁さんたちは、オリジナルスタイルにこだわる割には、その場の思いつきで調味料を足してるだけですよね。
今日のマズメシを明日も再現してみて、と言われたら多分、出来ませんよね。
なぜなら、食材や調味料の分量、火加減、加熱時間もろもろの記録を取ってないから。そういう記録を取ってもないし、味見もしてないし、旦那さんが食べたときの様子をきちんと観察して記録することもしてなくて、すべて適当にやっている。
適当にやってて、ある日突然、皆がうなるような一品が出来るわけない。仮に出来たとしても、偶然その日はウマメシだっただけで、再現できなければオリジナルの一品とは言えない。

トレードでも同じなんですよ。上達しない人って本当に検証作業をやってないんですよね。
トレード中の心理状態を記録(メモ)したりもしてないし。やってたとしても数週間とかだけで、すぐに止めちゃってて、勝ったか負けたかしか考えなくなってる。
地道に記録を取ることを継続して、見返して分析して、課題設定して取り組んで~~という検証作業を、淡々と毎日毎日繰り返していくことで、やっとこさ基礎が出来てくるんですよ。

検証作業を怠って一足飛びに勝てるトレーダーになれるわけないのに、なぜ足場固めをせずにそこを狙おうとするのか?と常々不思議だったんですが、それも、メシマズ話で理解できたように思います。


勝てるトレーダーになりたいのは、かっこいいからですか?それとも、稼ぎたいからですか?
スポンサーサイト

tag : FX トレード 検証

正しいトレンドライン?

2010-11-07-22:09
Aさんの質問
どうもありがとうございます。

昼豚さんはトレンドラインは引いてますか?
私はラインを引いていますが、これで本当にいいのか悩んでいます・・・



私はトレンドラインを引きまくってた時期がありますよ。

トレンドラインを引きまくっていたら
移動平均線で近似できているじゃんと気づいて
移動平均線を使うようになりました。

過去記事を参考にどうぞ→移動平均線がトレンドラインを近似しているとは?



で、
本当にいいのか悩んでいるのは
引いたトレンドラインが本当に合ってるかどうか?
これが正解なのか?

という意味ですか??

だとすると、私はその発想がちょっとよく分からないな・・・

トレンドラインの引き方っていうのは、
説明聞いたら(読んだら)普通に引けますよ・・・ね?
だから、それで正解だと思うんですよ。

私が分からないのは、

トレンドラインを『正しく』引くことは
極端に言うと、どうでもいいことで

重要なのは

引いたトレンドラインを、トレードにどう生かすか?
どう使いこなすか?

であって、

正しくラインが引けてるかどうかで頭を悩ますのって・・・
なんで??

と思うんです。


例えば、ボリンジャーバンドとかMACDとかRSIとかありますよね。
それだと、チャートのプログラムで自動的に計算して描画してくれますよね。

それに対して、

このボリンジャーバンドのうねうねしたラインは
本当に正しく描かれているのか?

って悩んだりしますか?

ま、インジ・テクニカルを最初に学んだときなら
どういう考えを元に、どういう計算式で出してくるものなのか?
とかは気になるので調べるし、

自分で計算して手書きでチャート作成してRSIも書いてみる
とか、やる人はいるかもしれないけど

チャートソフトで描画されたものを疑うことは、あまりないと思う・・・

それぞれのインジで設定値をどうすればいいか?では悩んで、
いろいろいじったりはすると思うんだけど。

でも、どの設定値が『正しいか』『正解か』とは考えない・・・ですよね??

そういう発想をしているとしたら、それは手法ジプシー、聖杯探しだと思います。


なので、
自分が引いたトレンドラインが正解なのか? って悩むのは
ちょっと違うんじゃないのかな・・・と私は感じます。


トレンドラインをいろいろ引いてみて
そのラインに対して、どういう風な値動きになっているか?
パターンはあるか?
パターンがあれば、どういう狙い方をしていけばいいか?

という発想でチャートを見て
トレンドラインを使っていけば
それでいいのではないかと思います。


tag : FX トレード トレンドライン チャート

ルールが守れない

2009-12-25-22:20
Wさんより頂いた質問
どうもありがとうございます☆


なかなか自分で決めたルール通りにトレードできません(泣
淡々とトレードする心境にはどうすればなれるものなんでしょうか??




他のトレーダーさんのことはよく知らないですが、私は、

淡々とロボットのようにトレードできるって、なんじゃそら?

ってずっと思ってました。私はもともと熱くなりやすい性格なんで^^


本当にごくごく最近になって

「淡々とトレードするというのはこういう感じなのかな?」

とたまに思ったりします。


でもやっぱり

エントリーしたら思惑通りに動くのかドキドキはするし、
損切りするときはちょっと痛みがあるし
想定以上に利食いできたらヤッター!って思いますよ。


昔と変わったのは、その気持ちの変動幅、ボラティリティがw 小さくなったなとは思います。


淡々とトレードするようになってきた理由を考えてみると、


毎日トレード終わった後や週末、時間があるときに過去チャート見返してみてると、

●やっぱり自分の手法通りに落ち着いてトレードすれば勝ててる

というのが何度も何度も確認できたからかな?と思います。



自己暗示というか、自分での刷り込みというか…


自分の手法・ルール通りにやれば勝てる
ということは、手法・ルール以外のことをやると負ける


ならば、手法・ルール以外のことをやる必要性は全くない

なぜそんなことをしないといけないのか意味が分からない



ということが頭にも体にも染み込んできた結果、


勝てるレールを敷いたんだから、それに乗っかっとけば勝てるのは当然だ。

って考えるようになって、淡々とトレードする心境になったのかしら?と思います。



で、私の性格的なことが関係するんですが、

私は、はっきり言って頭でっかちだし、自分で納得できないと前に進めないタイプです。
周りには「なんで?」って聞きすぎてウザがられることが多いです…。


トレードの手法やルールに関しても、「なんで?」って理由が
自分の中で明確になってないと、信用できないから守ることができません。

自分の設定しているルールは、それほどガチガチに固定化してるわけじゃなくて柔軟性は持たせてますけど、
基本や原則に関しては、しっかりとした理由があります。


多くの人が勝ってるから。とか、みんなが使ってるから。とか
そういう曖昧な理由は全く信用しないタイプです^^


私はそういう性格なので、自分で検証したり考えたりして、
理由・根拠を明確にしたルールを設定しました。
だからルールを守ってトレードできるようになったんだと思います。



もし、Wさんが私と似たような考え方をするタイプであれば、
ルールが守れないのは、そのルールの必要性が自分で納得できてないからかも?と思います。


でも、明確な理由とか必要じゃないタイプの人もいますよね。
私の父はそっちのタイプです^^

正直に言うと、そういうタイプの人には一体どういう解決法が適切なのか
いまいち想像がつかないんですけど…


無い知恵絞って考えてみると、裁量トレードじゃなくて
システムトレードか、配信サービス利用するほうが勝てるかもしれない…って気がします。


裁量とシステムとどっちが有利か、優位性があるかっていうと
私は個人的には、

どっちでも勝つ確率的には変わらないんじゃないの?
自分の性格に合ってる方でやったほうが、稼げる確率は高くなるんじゃない?

と考えているので、裁量トレードが向いてないなら自分でトレードする必要はないんじゃないかと思います。


ルールが守れないって嘆くより、その辺の、自分の性格的なことを掘り下げてみたほうが前に進めるんじゃないのかなー、なんて思います☆

tag : FX トレード 裁量 システムトレード ルール

効果的なトレーニング方法

2009-10-04-15:29
さぼさぼさんから頂いた質問
どうもありがとうございます☆

利確が待てない私にとって、そういうのでも勝つ方法があることを知り、ダメダメトレーダーの私でも、あきらめずに日々研究しています。

ひとつ、教えていただきたいことがあるのです。

私はいろんな時間足をみて、ココぐらいまで行くんじゃないか・・・とか考えているんですが、そうすると、シャドートレーニングが、とっても難しいんです。

過去のチャートが、1分足、5分足も15分足も1時間足も、4時間足も、日足もプリントアウトがいることになり、しかもそれぞれにそれぞれのタイミングでずらさなければ、判断ができないんです。

みなさんは、過去チャートのプリントアウトを、下敷きなどで一本づつずらすようなトレーニングをされるみたいなんですが、それは、たとえば5分足チャートを一枚だけ見て、次のローソク足を想像されているのでしょうか?

私は移動平均より、ボリンに比重を置いているので、例えば、1時間足のミドルバンドくらいまで上がるかな~とかの判断は、5分足だけを見ても検討がつかないんです。

私の見方は間違っているんでしょうか?一枚のチャートをみて、次々判断できるようにならないと、勝てるようにならないんでしょうか?

私は何か道を間違っていますか?

初めて半年ですが、なかなか勝てるようにならないし、相談できる人もいません。

わからないことばかりなんです。

効果的なトレーニング方法教えてください!!!!


えっと、正直に言うと
効果的なトレーニング方法を教えてと言われても困るな…
というのが本音なんですよね。


FXで勝つ・勝ち続けるには、自分に合ったやり方をするしかないと思うので
まず、さぼさぼさんに合ってるやり方が何かは、
私には分からないんです。

なので、効果的なトレーニング方法というのも、私には分からない…

さぼさぼさん自身が試行錯誤して見つけていくしかないのでは?と思います。


過去チャートを下敷きで隠してトレーニングする、という話も
皆がやってることってわけではなくて、

私が実際やってみて、私自身のトレード改善にはすごく効果があった
という経験談ってだけで
そういうトレーニングをやらなければいけない!って意味ではないんです。


1種類のチャートで値動きを判断できるようにならないといけないわけでもないし
それができる・できないで、勝ち負けが決まるわけでもないです。


さぼさぼさんが、道を間違ってるとは私は思いませんよ。

ただ、結果を急ぎすぎて焦ってるのかな?とは感じます。


複数のチャートを使う練習は、確かに面倒だし手間がかかるけれど
難しいことではないんじゃないかな?と思います。
やるかやらないか、だけの違いではないかと。

私も最初の頃は、いろいろプリントアウトしてましたけど
インク代がかかってもったいないのでw
パワーポイントに画像貼り付けて、PCの画面上だけで練習するように変えました。

私は、試行錯誤していく内に、短時間でサクッと利小狙いでやるトレード・スタイルが自分に合っていると分かってきて

それだと5分足メインでチャートを見るのが効果的だったので
5分足チャートでのシャドートレーニングに集中した、というだけです。

最初からそれが勝てる最短距離だと分かっていたわけでも
効率的かつ効果が高いと分かっていたわけでもなくて、

いろいろと悩みつつも、気になったことはとにかく何でもいいから
手を動かして試行錯誤を続けていたら、そこに落ち着いた、
そして結果もついてくるようになった、という流れですね。


みんな試行錯誤のプロセスを経なければいけない!ってことではないですよ。

トレードで勝ち続けるには、
自分に合っている勝てるやり方なんだってことを
自分自身でしっかりと納得していることが必要で、

自分自身を納得させるには、しつこく検証・練習が必要だと思うし

その結果、自信って生まれると思うし、
トレードにはそういう自信って必要だと私は考えています。

そういう納得とか自信っていうのは、試行錯誤したからこそ
身につくものではないかな、と思います。


で、さぼさぼさんは 利確が待てない → 利小でも勝てると、このブログで気づいたようなのですが、今は

利小狙いのトレードでやっていこうと考えているのか
利確が待てないのを改善して、利を伸ばす方法を身につけたいのか
実は利確が待てないより、損切りできない・遅いことが足を引っ張っているのか

その辺りの現状認識を、まず先にやるほうがいいのかな、という印象を受けました。

半年ほどトレードをやっているそうなので、過去のトレード履歴を見れば
ある程度、傾向ってあると思うんですよね。

勝てない理由と向き合って、自分が望むトレード・スタイルを考えてみてからのほうが
どういう練習をすべきかって見えやすいんじゃないかな、と思います。

tag : FX トレード チャート

勝ち方・負け方

2009-08-08-22:18
昨日は、勝てない理由を細分化!ということで
エントリー と 決済 をまず別々に検証してみては?
という話だったんですけど

その続きというか補足というか、まぁ関連する話を。


エントリー と 決済 を分けて
過去のトレード履歴を検証してみよう!と思っても、どうしても

勝ったか負けたか

ってこと気にしちゃうと思うんですよね。


で、

勝った=よいトレード、 負けた=悪いトレード

と安易に考えてると、うまく検証が進まないように私は思います。


勝ち方・負け方にも、良い場合・悪い場合があって、

悪いって言い方はあまり好きじゃないので^^
言い換えて分類すると

A.良い勝ち方
B.危険な勝ち方
C.良い負け方
D.必要のない負け方

の4種類になります。


A.良い勝ち方 というのは、後から見返しても
エントリーした理由も、利喰いした理由も明確に理解できて
納得いくトレードですね。
欲を言えば、もう少し利を伸ばせたかな・・・という贅沢な悩みは
まずは置いておいて^^

C.良い負け方 も、エントリーも納得できるポイントだし
結果的に狙い通りの方向に動かなかっただけで、
冷静に早目に対処=損切りできている。


それに対して、

B.危険な勝ち方 というのは、
損切りすべきだったポイント、または、利喰いポイントはあったのに
粘りすぎて手仕舞いせず、ダラダラと持ち続けてしまった・・・

含み損が膨らんだのに、戻すかも・・・って希望的観測で保有していたら
「偶然」戻してくれたので、慌てて利喰いしただけ

というタイプのトレードのことです。


こういうトレードは、単に偶然ラッキーだっただけで
長い目で見ると確実に「しっぺ返し」を喰らうハメになります><

「勝ちだったから、まぁいいや」ってスルーしていると、
継続して勝てるトレーダーにはなれないので、注意深く
こういうトレードは潰していかないといけません。



D.必要のない負け方 というのは、
ビビりすぎてて損切りすべきでないところで切ってしまっているとか
負けが続いて自信が持てなくなって、ドテンしてしまっているとか
充分な含み益が出ていたのに、欲を出して粘りすぎてマイナスに転じたとか

そういった負けトレードのことです。

「負け」とか「損失」だけに目を奪われていると、
本来なら勝ちトレードにできるものすら見過ごしてしまい
何やってもダメ・・・ なんて自己嫌悪にしかつながらないので

こういった 必要のない負け方 をしているトレードは
しっかりと認識して、改善点を明確にして取りこぼさないように
しないといけません。



A~Dの4種類に分類して、それぞれでエントリーと決済
どちらを改善すべきかを明確にする。

これをやるだけでも、

自分の強み・弱み、得意・不得意が分かってくると思うので

段々と
自分に合っているトレード・スタイルとか
必要なルールや手法というのも
見えてくると思います。

tag : FX トレード 損切り 利喰い

なぜか勝てない のはなぜか?3

2009-08-07-19:20
しばらく中断していた なぜか勝てない のはなぜか? の続きです。


なぜか勝てないときというのは、どういう状況かを考えてみると

まず、システムトレードと裁量トレードで分けてみます。

システムトレードというのは、売買サインが明確で
誰がやっても結果が同じになるトレード。

資金量の違いによる枚数の大小はありますが、それは抜かして
トータルの獲得pipsだけ見たら、ってことで。


もし、システムトレードをやっていて、なぜか勝てないとしたら

・サイン通りにトレードできていない
・そのシステムの必要条件を満たしていない(24時間トレードとか資金量とか)
・今は、そのシステムが苦手な負けやすい相場状況

など、勝てない理由は割りと明確にしやすいと思いますので
ここでは取り上げないことにします。


問題は、というか大抵の場合は、部分的にしろ全体的にしろ
「裁量」が必要な場合ですよね。

裁量トレードの場合だと、なぜか勝てない状況に陥りがちですよね。



たぶん、「裁量」と一言で片付けてしまうために、


一度に全部の理由を考えようとしてしまうから、
頭が混乱してしまい
勝てない理由が分からなくなる・・・

のかな、と思います。


なので、勝てない理由を細分化して
チェックポイントを作ってみるといいのかな? と。


で、まず第一歩として、今のステージ(?やり方?)を2つに分けてみます。
※私が勝手に想像して分けてるだけなので、参考ってことで。


1.手法があまり明確ではなくて、強いて言うなら値ごろ感でトレードしている。

2.手法と呼べるものはある。
  ルールはある程度決まっているが、柔軟な対応ができてない感じ。


一般的には、1.の状況でトレードするのはNGって
言われるかもしれませんが、私は

「別にいいんじゃないの?」

というスタンスです^^。
1.のステージでも、チェックポイントを明確にして整理していけば、
おのずと勝つためのルール・手法って出来てくるはずだから、と考えています。


で、どちらもチェックポイントとしては

エントリー と 決済

の2つがあると思います。


まずはどちらかだけに決めて重点的にチェックしてみて、
そこを、どう変えればプラスに出来るか、を考えます。

これは過去チャート上でやってくださいね。
エントリーと決済、両方を一度に考えると混乱するので、
まずどちらかだけ、やったほうがいいと思います。


じゃ、どちらからやるべきか? というと難しいですが
そこは直感で決めちゃっていいんじゃない、と思います^^



一例として、悪名高き(!?)「ポジポジ病」の場合を考えてみますね。


ポジポジ病で勝ててない場合、大抵、

「エントリー」が待てない → メンタルの問題

と片付けることが多いように思いますが、
私としては、

「ちょっと待って!! 今あなたは1.なの?2.なの?」

と感じます。
1.なのか2.なのかによって、まず「エントリー」を考えるべきか
「決済」を考えるべきかが違ってくると思うんですね。


私は、

ポジポジ病は「結果的に」マイナスになったからダメトレードのように言われてしまうだけで、

ポジポジしまくってても、トータルプラスにできてたら「スキャルの成功例」と呼ばれる

と考えています。(えへ☆ただのヘリクツ??)



もし、1.の場合なら、そもそもエントリールールとか手法って明確じゃないんだから

「待てない」っておかしくない?
「待つべきエントリーポイント」って明確じゃないんでしょ?

と思うんですよね。


この場合だと、先に重点的にチェックすべきなのは、
「エントリー」じゃなくて「決済ポイント」じゃないかな?と思います。

もしかすると、
・プラスになってたのに利食いせずに粘りすぎてマイナスになってしまうトレードが多かった
・ビビりすぎて、ちょっとマイナスが出たらすぐに損切りしていたけれど、ちょっと我慢すればプラスにできてた

のかもしれないんですよね。

そういうのが把握できれば、とりあえずエントリーは今まで通りでやってみて、
「決済ポイント」だけ改善するように練習してみる。
それで少し成績が良くなれば、次にエントリーをもっと有利にできないか吟味すればいいのかな、と。


もし決済ポイントをチェックしてみたら、100回中90回以上はダメトレード・・・とかだったら
それは根本的にエントリー見直さないといけませんけどね。



次に、もし2.の場合なら、手法のエントリーポイントまで待ててないのは確かに問題だけど

それは本当にメンタルの問題なの?
ただ待つべき判断基準を見落としてるだけじゃないの?

と思います。あるいは

その手法で勝てる自信がついてないだけでは?

これは、過去検証が足りてないのが原因だと思いますね。


エントリーが待てないわけですから、
先にその手法の「エントリー」について重点的にチェックしたほうがいいと思います。

その手法の「エントリー」ポイントを過去チャート上で検証してみて、
どういうときにエントリーサインが出るのか、をまず把握する。

レンジのときか、トレンドのときか

レンジなら、
ちゃんとレンジの高値でショート、レンジの安値でロングが出ているか?

トレンドなら、
トレンド転換点の早い段階でのエントリーなのか?
それともトレンドの中間狙いの、じっくり待ってエントリーなのか?


どういうときにエントリーサインが出るのかが把握できれば、
その手法が、強い相場状況(勝てるとき)と弱い相場状況(負けるとき)
というのが、ある程度、分かりますよね。

そしたら、そういう相場状況の見極めに有効な判断基準って何?って
考えてみる。

もしかすると、大きな流れをチェックできてなかっただけかもしれないし、
今、レンジなのかトレンドなのか、について注意を払ってなかっただけかもしれない。

もしそうなら、長い時間軸のチャートを見るとか、
平均足の色の続き方を見るとか

いろいろと考えつくと思うんですよね。


で、エントリーサインの有効なものと見逃すべきものを区別する練習をする。


それがある程度クリアできるようになってきたら、次に決済ポイントについて考えてみる。



という感じで、問題を分けてひとつずつクリアしていくと、
勝てない理由が段々と明確になっていくのかな、と思います。

勝てない理由が段々と分かってくると、自分にとって作るべきルールって見えてくると思うんですよね。


なんていうか、

なぜか勝てない → ルールが悪い? → 勝てるルールをまず探そう
って思うかもしれないんですけど、

私は、自分にとっての課題とか問題を考えていくと勝てるルールが見えてくる、って感じていて。

卵が先か鶏が先か、みたいな話ですけど・・・。


「なぜか勝てない」のには、必ず理由があって、
たぶんその理由というのは、ルールの問題というよりは
自分にとっての課題・問題を設定できてないから、かなと思います。

tag : FX 手法 ルール

なぜか勝てない のはなぜか?2

2009-07-31-20:30
手法の見切りのつけ方 で、

MACD、ADX、ストキャス、RSI
をチャートに表示させてみたものの、どれもちょろっと見ただけで、ピンと来なかったのですぐに外しました。

使える・使えないの判断する以前の問題で、ほんとに

ピンとこなかった

だけなので、これらのインジケーターが使えないよ
って意味ではありませんからね!


と書いたんですけど、ピンと来なかった理由というのが
なぜか勝てない のはなぜか?
①ルール作りってところをスルーしてたって話と関係していることに気がつきました!


FX始めた当初、私は
ローソク足のみ表示したチャートを見てトレードしていた・・・
ローソク足の動きを見て、
自分の直感力で上げ下げを予想してエントリー・・・


思い出した今でも自分でびっくりしてますけど^^


で、そこからテクニカル指標・インジケーターなるものの存在とか
チャート・パターン(トリプルトップ・ボトムとかペナントとかフラッグとか)
などを勉強して、

ウホウホ言ってたのが、やっとこさ2足歩行に進化するんですけど。



そこで、チャートにMACD、ADX、ストキャス、RSIなどを表示させてみました。

・・・が、私の場合は、

自分の直感ありきで、チャートをばっと見て
この辺でエントリーするな
っていうポイントをまず先に見ちゃうんですよね。

それから、
表示させてるインジケーターの動きが
自分のエントリーポイントに合ってるかどうか
をチェックする

という流れなんですよ。


ピンとこなかった というのは、


そのインジケーターの動きと自分の直感のポイントとがズレてたから

ズレてるというか、概ね一致している(7~8割くらい?)感じがしなかったから


なんです。


詳しくチェックしたわけじゃなくて、「なんか違うな」って
印象レベルですけども・・・


で、私はそういうチェックをするのが普通のやり方・・・と思ってたんですけど


一般的には

何かインジケーターを探してくる
その見方・使い方を知る
実際の値動きと照らし合わせて検証・バックテストしてみる
勝つ確率が高いならば採用

という順番でチェックするんですよね?
で、採用されたものが「手法」になる。合ってるのかな・・・


そうだとすると、もし多くの人がいいって言ってる手法であれば
多くの人が検証済み、勝つ確率が高い・・・はずなんだから、
そのまま使えば
おそらく勝てるはずですよね。


そこで「なぜか勝てない」となるのはなぜだろう?
と考えてみると

1.どこかしら、手法通りにトレードしてない部分がある
2.運悪く負ける期間にトレード開始してしまった
3.部分的に、裁量が必要なところがある


・・・くらいしか思いつかない・・・><


1.だと、
もう一度その手法と自分がやってることを
しっかりチェックして、違ってるところはないかを探す
違ってるところがあったら、手法通りにやるようにする

2.だと、
過去のレートで自分で検証してみる


3.だと、
裁量の必要なところを見極めて、改善していく


3.の場合だとちょっと時間かかるかなという気はしますが
1.と2.だったら自分の心がけ次第なんじゃないかと思います。


・・・至極当然なことしか書いてなくて恐縮ですが。
他に思いつかないんですよね・・・
「こうじゃないですか?」って何かアイデアがあれば教えてください☆

tag : FX 手法

情報商材について

2009-07-30-21:54
前の記事で、詐欺商材つかまされたって書いたんですけど、それに関しての補足です☆


詐欺商材って断定するのもイメージ悪いので、

詐欺と呼んで差し支えないだろうレベルの情報しかなかった商材

略して「詐欺商材」ってことで^^よろしくどうぞ


daiさんから頂いたコメント

FXで稼げている人が商材を売るか疑問です
儲けてない人が商材で稼ぐなら分かりますが・・・
無料で素晴らしい勉強になるブログは数々ありますから
それで十分なのに・・自分そう思う。


確かにこういう意見ってよく聞きますね。

でも、私はそうは思ってないです。

確かに情報商材って悪質なものとか詐欺レベルのものって
あるとは思うんですけど、すべてがそうではないと自分の経験で感じてるし、

それに情報商材に限らずどんな商売でもそうじゃない?と思ってます。


で、私はもともと
「有益な情報を得るには対価を支払う必要がある」
と考えていて

その対価っていうのは、そのまんま「お金」の場合もあるし
自分の「時間」かもしれないし、「労力」かもしれない。

んー、例えば、芸事で内弟子、弟子入りってありますよね。

あれって、師匠の技を盗むことの対価として、
自分の「時間」や「労力」を支払ってるってことですよね。
そこまでいかないお稽古事なら月謝って「お金」で支払う。


・・・という考え方を逆手にとって、

ショボい商品・情報でも、
良さそう・凄そうなイメージ喚起できればボッタくれるじゃん

とか

弱みを握って手下にしてやろう
(時間や労力を奪うって意味ね)

などと考える人が出てきても、私には全く不思議ではない。


自分がそういうことする側の人間には絶対になりたくもないけど、

世の中にそういうことする人間が存在してるのは理解できる。


だったら、そういう人間を見分けられるようになればいい
自分で自分の身は守らねば!

と考えています。
(ナニワ金融道とかカバチタレの影響大いにアリです☆)



で、見分けるにはどうすればいいか?

見分けるとか以前に、詐欺まがいって噂のあるところには近寄らないという選択肢もありますが、私は自分で経験したことじゃないと本当には信用しないところがあるので^^

毛嫌いせずに、どんな詐欺商法があるのかって知識をちゃんと蓄えておきつつ、


究極のところ


それはもう自分で1回くらい詐欺にあったほうがいいんじゃないの?


って考えてます。

それも早ければ早いほどいいんじゃないかと思ってます。


というのも、

若い頃って1万・2万は大金だけど、

ちょっと小金稼げるようになったら数十万・数百万を
「出せないわけではないな・・・」
とか考える余裕出てきちゃいますよね。


もし詐欺まがいのことに出くわすとしたら、

若いうちに1万・2万の授業料支払うほうがマシだ

そこで「だまされるとはどういう体験なのか?」を身をもって知れば
その後そうそうヘタ打つことはないでしょ

と思ってるからです。
何事も経験から学ぶのが一番って思ってます。


前の記事で書いた詐欺商材にもボッタクリ商材にも
私は本当に不思議と今でも怒りは湧いてなくて

判断力が「まだ」なかった若かりし自分を懐かしく思い出し^^

むしろ、ショボそうな情報とちゃんとした情報の見分け方を
早い段階で教えてもらって良かったな~とか思ってますし、

そのおかげで、投資系ブログを読むときのチェックポイントも変わりましたし、

何気に今につながってることがたくさんあるんですよね。

実は私がボッタクリだと思った商材の販売者さんは
今でも本出したり投資塾みたいのやってるらしくて
価値ありと判断する人もいたんだな~って思いました。

まさに世の中十人十色です。

私としては、ブログでネタにもできたし
詐欺商材からも得られることはありましたよ^^



かと言って「情報商材は買ってみるべきだ!」とかは思ってませんよ。

無料のブログで得られる情報で充分だと思うなら
それでいいと思うし、

自分が勝つために必要だと思うなら、買ってみれば?
くらいにしか思ってません。


「自己責任」の時代ですから、
自分で判断する力をいかに鍛えるか、ですね。

試行錯誤

2009-07-30-16:36
昨日の記事


コツコツドカンで負けてたくせに、

ドカン無くせばいいだけ
9割方勝ってるんだから、私の直感はすげーよ!

と思ってて、ルール作りは気にしてなかった

と書いたんですけど、よくよく思い返してみると
私が最初にインジケーター探しとかの聖杯を探す旅に出なかったのって


詐欺商材 つかまされたからだ!


ってことに思い当たりました^^

私がFX始めたのって、確かネットでFXって言葉を知って
情報収集してるときに見つけた商材購入して、なんです。

今は「詐欺商材」と思ってますし、その後、販売者は消えた・・・(多分)
のでおそらく多くの人が詐欺レベルだと判断したんだろうと思いますが

購入当時は、それが初めてのノウハウだったんで、比較対象もなく
こういうもんなんだ、って思ってたんですよね~。

で、その商材には何のインジケーターのことも書いてなかったので、そういう存在を私が知ることはなく・・・。

ローソク足がびよーんと伸びた方向に飛び乗る、とかいう程度の内容でした・・・確か。


なので、

ローソク足の動きを見て、上げ下げを判断すればいいんだな。

って普通に思ってたんですよね。
マジでローソク足以外何も表示してないチャート見てトレードしてたんですけど^^

はっきり言って稼げませんでしたが、でも勝率は高かったので
その商材が悪いって思うことはなく、

ドカンやっちゃう自分がダメ・・・
飛び乗り方が下手なんだ・・・

とか思ってましたねー。


これを書いてる今現在、自分が素直なのか
バカなのか微妙な気持ちです^^


その次に、もう1個商材買って
販売者の肩書きから期待してたんですけど
私としては詐欺・・・というかボッタクリ商材だったと思うものでした><

ここでも何のインジケーターも紹介されてなくて、
私の個人的感想では「ショボい」の一言でしたが
その反面、

こんなショボいことでも勝てるのか・・・

ってことと、

やっぱり「自分で」値動きを判断できるようにならないといけないんだな

って再確認しただけでした。


なんか、その2つの商材をFX始めた最初の頃に見ちゃったんで


チャート見て「自分で」値動きを掴めるようにならないと勝てない
それがFXトレードというものなんだ、

って刷り込まれたんですよね・・・。


その上、使ってたチャート(詐欺商材のお勧め)がショボかったんで
いろんなインジケーター出したり、複数チャート開いて見るとか

そういうのが「できる」ってことすら考えたこともなかった・・・


ほんと、書いてて自分が微妙すぎる・・・^^



その後、どうしてもドカンやらかしちゃうのが治せなくて
こりゃいかん!感情を排するシステムトレードだわ!
ってことで、
FXシステムトレード年率200%儲ける投資術
を読みながらエクセルと格闘した時期もありました☆


しかし挫折・・・
システムに落とせるだけの明確なルール作りの壁を越えられませんでした><

自分でエクセルでいろいろ考えて検証することは楽しかったんですけどね。




そして、
やっぱり自分で値動きを判断する裁量トレードしかないな。
って戻るんですけども。


それから、
南緒さん・Sarahさんの商材やいろんな書籍で

裁量トレードをやるための、もっと具体的なテクニックを
学んでからようやく開眼した、というか、
やっとこさ2足歩行に進化できた感じです^^


自分で値動きを判断する=直感力を磨く

と考えてたんですけど、


直感を補完していく有効な道具ってあるんだ!


って今さら?なことをやっとそこで学べたんですけど。


それと、南緒さんの商材で
資金管理と損切りの具体的なやり方・考え方
を知って、
それまでボンヤリと深く考えてなかったのを反省して
ちゃんと計画を立てることを始めました。



・・・で、

最初の刷り込みがあったからか
もともとの性格なのか
よく分からないけれど、

私は、

自分で値動きを判断する裁量トレードを志向していて

自分で値動きを判断するというのは、自分の直感力を磨くことだと思っていて

直感で判断したことを補助するためにテクニカル指標を使う


ということが
試行錯誤している間に固まってきた・・・という感じです。

それから具体的にやったことというと
また続く・・・

tag : FX

なぜか勝てない のはなぜか?

2009-07-29-13:41
昨日のRIEさんの質問の中にあった

「なぜか勝てない」

という言葉がどうにもこうにも引っ掛かってます・・・

以前書いた負けパターンのときと同じ疑問が・・・
そのときは数名の方から

「自分の負けパターンが分からない」

と言われて、ん??と思ったんですけど。



私は自分のことを思い返してみると、
負けてた理由はドカンをやっちゃうからで、

なんていうか、ダイエットと一緒で


摂取カロリーを消費カロリーより減らして
適度な運動をすれば痩せられる

ってことはホント分かってるんだけど
ついついケーキ食べちゃうんだよね~。


みたいな感じで、


損切りは早めにしなきゃいけないのも
小さく負けるようにしないといけないのも
ホント良く分かってるんだけど

ついついドカンやらかしちゃうんだよね~。


っていう甘えた気持ちでトレードやってたから負けてた。

負けを回避するために、やらないといけないことも
自分ではすごく良く分かってた・・・

でも、つい気が緩むと同じこと繰り返しちゃってて・・・


そんな感じなんですよね。


で、自分の経験から

FXで負ける理由って

・損切りを受け入れられなくてドカンやらかしちゃうから
・ビビりすぎてて損切り貧乏

のどちらかだろうと思ってて、
FXで勝ててない、負けてると聞いても


「でも、自分の心の中では、
 負けてる理由も
 やらなきゃいけないことも分かってるんでしょ?

 少し自分を変えることができないだけでしょ?」


って考えてるところがあったんですよね。


なんかでも、コトはそう単純じゃなさそうだ。ってことが

「なぜか勝てない」

って言葉に凝縮されてる感じがして・・・。


で、

「なぜか勝てない」のはなぜか?

ってことが頭をグルグルしてたんですけど
ちょうどタイミングよく「あ、これか?」ってブログ記事が!

勝手にリンク↓
他人が嫌いな完全マイナス思考女のFX日記 ~ニート万歳!~
2009年7月27日の取引結果


最近話題の(?)yuminnkoさんのブログ
上記リンク先記事にあるルール作りの順序のところ見てください。


① 確率の概念を基軸にした取引手法(新規注文)のルール作成

② 損切りルールの作成
・・・

ここの①に、「なぜか勝てない」のはなぜか?のヒントが隠れてるんじゃないかと思ったんですよ!

というか、当たり前すぎて①スルーして、②のことばっかりフォーカスしてたかな、と。


で、なんで私が①を当たり前だと思ってスルーしてたのか?って考えていくと・・・


コツコツドカンで負け続けてたとき
私、確かそんなしっかりしたルールって持ってなかったんですよね。

一言でいうと、自分の値ごろ感でトレードしてた・・・はず。
よく覚えてないんだけど^^。


でも恐ろしいことに

負けてはいるけど、勝率は9割近くある
ということは、狙いは悪くない・間違ってない

たんにドカンをやっちゃうだけだから
そのドカンポジさえ無くせば、損切りできれば勝てる

っていう、妙な自信があったんですよね。


なので、①のルール作りのところって、ほとんど気にしてなくて。

下手なテクニカルより、自分の直感のほうがイケてる!
やっぱり機械より人間の脳ミソのほうが偉大だよ!!

なんて思ってました^^ ある意味すごいよね、私。


実は今でも、

インジケーターとか探すより、自分で値動き観察して
直感力を磨くほうが、なんぼかええで~

とか考えてますし

自分の直感力を後押しするため「だけ」に
インジケーターは使うんやで~

って思ってます。


という前提が私にはあったんだ、ということから出発して

試行錯誤してたときに、私どう考えて何やってたっけ?
って思い返してみました。


続く・・・

tag : FX 損切り

パリス昼豚の5万円FX
パリス昼豚の手法をまとめた「5万円FX」をトレコミュ協力で販売することになりました☆

詳細はこちら↓↓↓
パリス昼豚の5万円

5万円FXに関するご質問・お問い合わせはこちら↓まで。
5FXmail.gif
5万円FX購入後の内容に関する質問については、このブログでは受け付けておりません。上記アドレス宛にメールでお願いいたします。
また、限定ブログのQ&Aコーナーに同様の質問がないか先に確認をお願いします^^

******************
購入後のファイル解凍について
詳細はこちらの記事
******************
プロフィール

パリス昼豚(ひるとん)

Author:パリス昼豚(ひるとん)
2006年7月にFXを始めました。
元手:20万円で。

・・・が、損失が膨らみ、追加・追加で投入資金は
合計:115万円

現在(2006年11月)
23万円にまで減ってしまい・・・。
マージンコール(強制ロスカット)は3度経験しました。←おバカ

★2008年1月追記
2007年は当然のように・・・ 2月上海ショックと8月サブプライムの暴落にやられて撃沈してました・・・。

暴落で必ずやられる=ショートが苦手であることに気づき、ロングもショートも同じこと!同様にポジを取れるように頭を切り替えるように努力したんですけど・・・

根本的な原因は『損切りできない』おバカちゃんである!ということです(←分かってるなら損切りしようよ)

2008年は小額資金でコツコツ増やしていくトレードにいたします☆

★2009年3月追記
なんとかコツコツトレードを続けた結果、ようやく損した投入資金を取り返すことに成功~♪ 何かが見えてきた!というか自分が分かってきた?!

FXブログランキング
ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします!
ブログ内検索
メールフォーム
お問い合わせ・ご質問などはこちらからどうぞ。 頂いた質問はブログ掲載することがありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
過去ログ
Myバイブル
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
お気に入りリンク
※現在、相互リンクは受け付けておりません。
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。